Home » Jリーグ » 期待外れ…。Jリーグ“ガッカリ”助っ人10人。2023シーズン、大苦戦する外国籍選手たち » Page 9

アダイウトン(ブラジル)


【写真:Getty Images】


クラブ:FC東京
生年月日:1990年12月6日
リーグ戦成績:17試合1得点2アシスト

 重戦車という言葉がアダイウトンのプレースタイルを的確に表している。176cm・83kgというがっしりした体形で、ユニフォームの裾から見える筋骨隆々の肉体を存分に活かしたプレーが持ち味だ。2015年にブラジルから来日すると、当時J2のジュビロ磐田では1年目から17得点を挙げてJ1昇格へと導いた。

 磐田では5シーズンプレーし、2020シーズンからはFC東京に在籍している。ディエゴ・オリヴェイラやレアンドロとのブラジル人トリオはFC東京の攻撃の核となり、同年にはYBCルヴァンカップ優勝にも貢献している。

 昨季はJ1で初の2桁得点をマークし、FC東京では在籍から3年間でリーグ戦102試合29得点とコンスタントに成績を残してきた。しかし、今季はサブに回る試合が多く、先発はわずか5試合で得点もわずか1。6月には右大腿二頭筋筋挫傷で1か月ほど戦線を離れており、右膝前十字靭帯を断裂してシーズンのほとんどを休んだ2018シーズンを除けば、来日9年目の今季はJリーグキャリアワーストと言える結果となっている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top