Jリーグ

柏レイソルの育成戦略

柏レイソルの育成戦略が示す、日本的な育成システムの構築法 2012.12.29

『クラブ改革の3つのステップ』
酒井宏樹、工藤壮人、茨田陽生など、アカデミーからトップへ有能な選手を多く輩出する柏レイソル。クラブが育成に力を注ぐ背景には、どのようなビジョンがあるのだろうか。ユース年代の指導者、アカデミーダイレクターを経て、強化部長に就任した吉田達磨氏の話をもとに、育成をベースとしたクラブ改革の全貌に迫った。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(前編) 2012.12.28

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化(後編) 2012.12.24

『明神智和、加地亮、中澤聡太、武井択也の証言』
遠藤とともにガンバ大阪で中盤を形成する明神智和と武井択也、99年ワールドユースでも一緒にプレーした同期の加地亮、そして現在CBとして遠藤の背中を見続ける中澤聡太らが、進化を続ける遠藤保仁を分析する。

田中順也が語るFWの個人戦術

柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(後編) 2012.12.23

近年複雑化する戦術を機能させるには「インテリジェンス」が選手に求められる。監督の理論を深く理解し、それを自分のプレーと結びつけなければならない。柏レイソルのFW田中順也はそれができる選手の1人だ。智将ネルシーニョの練りに練られた戦術をピッチ上で体現するインテリジェント・ストライカーに話を聞き、その類稀なる戦術眼に迫った。

日本の名GM鈴木満が語る『鹿島の流儀』

日本の名GM鈴木満が語る『鹿島の流儀』 2012.12.23

「鹿島アントラーズがブラジル人監督にこだわる理由と、一線で活躍する日本人指導者を多く輩出する理由」
鹿島は10名の監督が指揮を執ってきたが、そのうち8名はいずれもブラジル人。クラブの根底にある監督起用における哲学と、これまで輩出してきた日本人指導者の登用についてのビジョンを聞く。

レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄

セレッソ大阪監督レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄(後編) 2012.12.23

セレッソ大阪の攻撃サッカーはいい意味で不安定だ。大負けするときもあるが、はまれば圧倒的な攻撃力で相手をねじ伏せる。何より彼らのサッカーは自由で、それ故に多くの人を魅了する。決して潤沢な予算を持たないセレッソはいかにして攻撃のマインドを築き上げたのか。アタッキングフットボールの真髄に迫った。

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化(中編) 2012.12.23

『明神智和、加地亮、中澤聡太、武井択也の証言』
遠藤とともにガンバ大阪で中盤を形成する明神智和と武井択也、99年ワールドユースでも一緒にプレーした同期の加地亮、そして現在CBとして遠藤の背中を見続ける中澤聡太らが、進化を続ける遠藤保仁を分析する。

レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄

セレッソ大阪監督レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄(前編) 2012.12.22

セレッソ大阪の攻撃サッカーはいい意味で不安定だ。大負けするときもあるが、はまれば圧倒的な攻撃力で相手をねじ伏せる。何より彼らのサッカーは自由で、それ故に多くの人を魅了する。決して潤沢な予算を持たないセレッソはいかにして攻撃のマインドを築き上げたのか。アタッキングフットボールの真髄に迫った。

田中順也が語るFWの個人戦術

柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(前編) 2012.12.22

近年複雑化する戦術を機能させるには「インテリジェンス」が選手に求められる。監督の理論を深く理解し、それを自分のプレーと結びつけなければならない。柏レイソルのFW田中順也はそれができる選手の1人だ。智将ネルシーニョの練りに練られた戦術をピッチ上で体現するインテリジェント・ストライカーに話を聞き、その類稀なる戦術眼に迫った。

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化(前編) 2012.12.22

『明神智和、加地亮、中澤聡太、武井択也の証言』
遠藤とともにガンバ大阪で中盤を形成する明神智和と武井択也、99年ワールドユースでも一緒にプレーした同期の加地亮、そして現在CBとして遠藤の背中を見続ける中澤聡太らが、進化を続ける遠藤保仁を分析する。

サンフレッチェ広島のブレない指針

サンフレッチェ広島のブレない指針(後編)【サッカー批評 issue50】 2012.12.16

『トップチームと育成組織の幸福な関係とは? 育成型クラブのロールモデル』
駒野友一、森崎兄弟、柏木陽介、槙野智章などユースから優秀な人材を多数輩出し、また「人もボールも動く魅力的なサッカー」というスタイルが定着したサンフレッチェ広島。「育成型クラブ」の代名詞とまで言われるこのクラブの現在地と未来を探るべく、2011シーズン開幕前の広島を訪ねた。

サンフレッチェ広島のブレない指針

サンフレッチェ広島のブレない指針(前編)【サッカー批評 issue50】 2012.12.14

『トップチームと育成組織の幸福な関係とは? 育成型クラブのロールモデル』
駒野友一、森崎兄弟、柏木陽介、槙野智章などユースから優秀な人材を多数輩出し、また「人もボールも動く魅力的なサッカー」というスタイルが定着したサンフレッチェ広島。「育成型クラブ」の代名詞とまで言われるこのクラブの現在地と未来を探るべく、2011シーズン開幕前の広島を訪ねた。

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『街クラブから見るJFLの存在意義』
Jリーグを目指しはしないが、地域に根差した市民クラブであろうとする横河武蔵野FC。彼らは、Jリーグ入りを目指すJ準加盟クラブとその予備軍に囲まれたJFLにいまもとどまり、自らが生きる道を模索している。JFLのあり方が変わりつつある現在、この街クラブが投げかけるものとは何か?

城福浩『反骨心』

〔日本人、監督論〕城福浩『反骨心』【サッカー批評 issue58】 2012.12.14

『ヴァンフォーレ甲府はJ2天下取りを果たせるのか?』
今シーズンのヴァンフォーレ甲府は、これまでのジンクスをモノともしていない。クラブ創設13年目にして、初の開幕戦勝利、初の首位、初の6連勝といった快挙が続いている。批判や低評価をプラスのエネルギーに変換する指揮官・城福浩にチームマネジメントについて伺った。

新着記事

FChan TV

↑top