代表

イタリア代表

新生イタリア、UNL未勝利は必然の結果? 新監督の疑問残る意図、伝統国は再建の糸口を掴めるか 2018.09.13

イタリア代表はUEFAネーションズリーグで現地時間7日にポーランド、9日にポルトガルと対戦し、未勝利に終わった。ロシアW杯の出場権を逃し、どん底に陥っているアッズーリはマンチーニ新監督を迎えて再出発を図ったものの、UNL2戦を“テストマッチ”のように戦ったため、結果はついてこなかった。指揮官のそうした考えには、批判の声が多く挙がっている。(文:神尾光臣【イタリア】)

フランス代表

新たな主砲、エムバペと「真の中枢機関」グリーズマン。世界王者が見せた未知なる伸びしろ 2018.09.13

ロシアワールドカップ(W杯)を制したフランスは、新たに開幕したUEFAネーションズリーグでドイツ、オランダと対戦した。ディディエ・デシャン監督は、この2試合を通してW杯と同じフィールドプレーヤーを起用した。しかし、その内容は全く異なるものだった。(文:小川由紀子【フランス】)

20180911_costarica_funaki

意外に日本代表とそっくり? コスタリカ新時代の始まり、地震大国としての勇気と希望 2018.09.11

11日にキリンチャレンジカップ2018で日本代表と対戦するコスタリカ代表とは、いかなるチームなのだろうか。ブラジルワールドカップでベスト8に入った実績もある中米の強豪には、日本との意外な共通点もある。来日してから3日間彼らを追い続け、見えてきたものとは。(取材・文:舩木渉)

ソン・フンミン

じゃんけんも負けられない日本戦…韓国が得た最高の宝物。兵役免除とはどれほどの価値か? 2018.09.02

アジア競技大会の男子サッカー決勝が1日に行われ、U-23韓国代表がU-21日本代表を2-1で破って2大会連続の優勝を果たした。この金メダル獲得によって、韓国の選手たちは「兵役免除」という特権も手にすることになる。オーバーエイジとして参戦した大エース、ソン・フンミンらにとっても悲願達成となった。(文:キム・ドンヒョン)

ファン・ウィジョ

韓国、兵役免除まであと2勝。Jリーグで磨かれた牙、ファン・ウィジョが大会2度目のハット 2018.08.28

U-23韓国代表は、兵役免除を勝ち取るための金メダル獲得に向けて大一番に挑んだ。27日に行われたアジア競技大会の準々決勝、相手は同世代の大陸最強と目されるU-23ウズベキスタン代表。延長戦までもつれた大熱戦で輝いたのは、またもガンバ大阪でプレーするFWファン・ウィジョだった。(文:キム・ドンヒョン)

韓国代表

兵役免除へ大惨事。韓国代表、マレーシアにまさかの敗戦。ソン・フンミン投入も実らず… 2018.08.18

韓国代表が窮地に立たされている。金メダルを獲得すれば兵役免除が受けられるアジア競技大会で、グループリーグ第2戦にして暗雲が立ち込めている。誰もが予想しなかったマレーシア戦の敗戦はなぜ起こってしまったのだろうか。(取材・文:キム・ドンヒョン【インドネシア】)

韓国代表

兵役免除へまず1勝。韓国に真のヒーロー登場、G大阪FWファン・ウィジョが“コネ”疑惑を払拭 2018.08.16

アジア大会が開幕し、15日にU-23韓国代表が初戦を迎えた。兵役免除と金メダル獲得に向け、まずはバーレーンに6-0で力の差を見せつけ大勝。ヒーローになったのは監督との“コネ”が疑問視されていたガンバ大阪FWファン・ウィジョだった。(文:キム・ドンヒョン)

ソン・フンミン

韓国サッカー発展を阻む「兵役」の現実。日韓格差は広がる? ソン・フンミンもキャリアの危機に 2018.08.07

韓国では成年男子に2年間の「兵役」という義務が課される。サッカー選手をはじめとするアスリートにとってはキャリアの全盛期を軍隊に捧げなければならないことを意味する。特に韓国サッカー界では、兵役による影響が競技そのものの発展を阻害しているのが現状だ。アスリートにとって大きな問題になる兵役と、今後どのように向き合っていくべきなのだろうか。実際に海兵隊で約2年間を過ごした経験を持つ韓国人ジャーナリストが論ずる。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

20180725_talented10_getty

ロシアW杯から飛躍が期待される10人のヤングタレント。エムバペだけではない注目株たち【編集部フォーカス】 2018.07.25

 ロシアワールドカップが閉幕し、今度は欧州で新シーズン開幕が近づいている。4年に一度の大舞台では数々のスター選手たちとともに、次世代を担う若い選手たちもまばゆい輝きを放った。そこで今回は、ロシアワールドカップ開幕時点で23歳以下だった選手の中から、今後注目すべきタレントを10人紹介する。

180725_coach_getty

現在フリーの監督10人。日本代表やJクラブにもオススメ!? 世界的“名将”たち 【編集部フォーカス】 2018.07.25

日本代表の新監督に関するニュースが話題となり、今夏のJリーグでも監督交代を発表するクラブがある。ヨーロッパでも、シーズン開幕に向け新体制がスタートしている。世界中に様々な監督がおり、日本で指揮を執る姿を見たいというファンもいるのではないか。今回フットボールチャンネル編集部では、現在フリーの立場にある世界有数の監督10人を紹介する。

180502_miyazawa_ebi

フランスが優勝を果たした理由。“勝つため”の23人をデシャンはどのように選んだのか【宮澤ミシェルの独り言/ロシアW杯】 2018.07.23

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第13回は、ロシアワールドカップの総括。フランスが優勝できた理由とは。また、対戦カードによって浮き彫りになる相性や苦手意識といった点にも触れている。(語り手:宮澤ミシェル)

ロシアW杯

ロシアW杯で生まれた“迷勝負”5戦。Fチャン編集部が厳選、批判、嘲笑、落胆させたあの試合【編集部フォーカス/ロシアW杯】 2018.07.20

フランスの優勝で幕を閉じたロシアワールドカップ。約1ヶ月に渡って64試合が行われ、数々の名勝負が生まれたと同時に、“迷勝負”となった試合もいくつか生まれた。今回フットボールチャンネル編集部では、異質とも呼べる5試合をピックアップした。

20180702_belgium_getty-560x373

ロシアW杯を盛り上げた名勝負5戦。Fチャン編集部が厳選、記憶に残る熱戦をプレーバック【編集部フォーカス】 2018.07.19

 フランスの優勝で幕を閉じたロシアワールドカップ。約1ヶ月に渡って64試合が行われ、数々の名勝負が生まれた。今回フットボールチャンネル編集部では、珠玉の5試合をピックアップした。

フランス代表

“アンチフットボール”など、「どーだっていい」。フランスを優勝に導いた草食男子の精神【ロシアW杯】 2018.07.18

数々のドラマを生んだロシアワールドカップも幕を閉じた。同大会の頂点に立ったのは、フランス代表である。相手に対し、受け身に立つ姿勢に批判の声も多く聞かれるが、大舞台というプレッシャーを跳ね除け優勝を果たしたのは見事であった。(文:小川由紀子【フランス】)

180718_focus_getty

ロシアW杯で注目集めた5つのトピック。4年に一度の祭典が感じさせた時代の流れ【編集部フォーカス】 2018.07.18

フランス代表の優勝で幕を閉じたロシアワールドカップ。4年に一度の祭典では、今回も様々な出来事があった。今回、フットボールチャンネル編集部では5つのトピックスを厳選し、紹介していく。

新着記事

FChan TV

↑top