セリエA

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難 2014.11.04

かつては世界のトップを争ったインテルとミラン。しかし、ファイナンシャル・フェアプレー導入後は衰退の一途を辿っている。ピッチ内外で混乱する現状から抜け出すために必要なこととは?

インテル名誉会長モラッティの退任に見る“終わらないカルチョーポリ”。復権への唯一の道は代表者たちの「意思統一」

インテル名誉会長モラッティの退任に見る“終わらないカルチョーポリ”。復権への唯一の道は代表者たちの「意思統一」 2014.10.27

マッシモ・モラッティがインテルの名誉会長を退いた。イタリアサッカー界において、強く惜しまれる存在であることは事実だが、ユベントスのアンドレ・アニェッリ会長から発せられた言葉には今なお残る険悪なムードが漂っていた。

セリエA第3節プレビュー。地元紙は本田を右ウイングで先発予想。キエッリーニとのマッチアップに注目

セリエA第3節プレビュー。地元紙は本田を右ウイングで先発予想。キエッリーニとのマッチアップに注目 2014.09.20

3連覇中の王者ユベントスと対戦するACミラン。地元紙は本田圭佑が開幕2戦に引き続いて右ウイングで先発することを予想している。キエッリーニの寄席をかいくぐり、どれだけのチャンスを作り出せるかがカギとなる。

チームと同じく明暗分かれた日本人選手。インテル長友は“右でも不動”、ミラン本田は“控えにも名前なし”

チームと同じく明暗分かれた日本人選手。インテル長友は“右でも不動”、ミラン本田は“控えにも名前なし” 2014.08.04

インターナショナル・チャンピオンズカップで好対照な結果に終わったインテルとミラン。チーム同様、日本人選手の評価も対称的だ。長友佑都は右サイドでも厚い信頼を得たが、本田圭佑はリザーブにすら名前がない状況だという。

20140409_mouri_yamakaz

「世界最強リーグ」も遠い記憶…。UEFAランク5位転落のセリエA。ヨーロッパリーグ軽視が招いた凋落 2014.08.03

今シーズンのUEFAリーグランキングでポルトガルに抜かれ、5位に転落したイタリア・セリエA。かつては「世界最強」とまで謳われたリーグの凋落ぶりが著しいが、再浮上の見込みはあるのだろうか?

カカーが語るMLS挑戦の理由と母国に求める変革「ブラジルは目先のことばかり。最高のお手本はドイツ」

カカーが語るMLS挑戦の理由と母国に求める変革「ブラジルは目先のことばかり。最高のお手本はドイツ」 2014.07.15

ミランを退団し、MLSへの挑戦が決まったカカー。移籍先は2015年に新設のため、今年の残りはサンパウロへ期限付き移籍となる。古巣への復帰となり、記者会見に応じた。新たな挑戦、そしてW杯で苦しい戦いを強いられたブラジルサッカーへの質問が続いた。

ミラン本田出場の鍵握るのはインテル長友。サイドで押し込み“10”を引きずり出す展開に持ち込めるか?

ミラン本田出場の鍵握るのはインテル長友。サイドで押し込み“10”を引きずり出す展開に持ち込めるか? 2014.05.04

ミランの本田圭佑は現状ではベンチスタートが濃厚と見られている。セードルフ監督のトーンの違いからそれは予見できる。ただし、出場できる展開は大いにあり得る。長友がサイドで押し込めば、ミランは不利に。そうなると本田の投入という展開になる。

一時はセリエAを席巻したが――。かつては中田英寿が活躍、知られざるペルージャの今

一時はセリエAを席巻したが――。かつては中田英寿が活躍、知られざるペルージャの今 2014.05.01

かつて中田英寿がプレーしたことで知られるペルージャがセリエAから降格してから10年になる。2度の破産を経験し、現在は3部リーグに所属するペルージャの今を取材した。

20140329_baro

セードルフ監督、苦戦続くミランの状況を分析「マンUのように難しい時期。我慢が必要」 2014.03.29

クラレンス・セードルフ監督が29日のキエーボ戦に向けた公式会見に出席した。前節フィオレンティーナ戦で攻守に奮闘し、公式戦6試合ぶりの勝利に貢献した本田圭佑について評価した指揮官だが、ゴールへのキーマンにはMFカカを指名。一定の評価を取り戻した背番号10だが、主役の座からはまだ遠いのが現状のようだ。

「何が起きたのかわからない」「CLでの躍進がモチベーションになる」。敗戦に落ち込むカカ、気持ちは既にCLか

「何が起きたのかわからない」「CLでの躍進がモチベーションになる」。敗戦に落ち込むカカ、気持ちは既にCLか 2014.01.23

コッパ・イタリアでウディネーゼに逆転負けを喫したミラン。先発出場の司令塔カカは試合後、取材に応じ、やるせない気持ちを吐露した。リーグでは苦戦が続き、無冠の可能性が濃くなってきた。コメントからはCLへ注力したい気持ちがうかがえた。

20140112_juv

本田圭佑デビュー戦の前に、覚えておきたいミランのチャント 2014.01.12

国際タイトルの獲得数は世界一、セリエAスクテッド18回。歴史と伝統を誇る名門ACミランの応援スタイルを紹介する。(初出:『欧州サッカー批評08』)

カルチョの国からの最先端戦術理論(後編)セットプレー専門家が6000以上のパターンから日本代表にもたらす大きな可能性

カルチョの国からの最先端戦術理論(後編)セットプレー専門家が6000以上のパターンから日本代表にもたらす大きな可能性 2013.10.21

日本では馴染みのないフィオレンティーナのコーチ、ヴィオ・ジャンニ。彼はなんとセットプレーの専門家。ビオラを欧州でも一位のセットプレー得点数に押し上げたコーチの手腕とはいかに? カルチョの世界からの最先端理論を紹介する。

20131020_ita

カルチョの国からの最先端戦術理論(前編)「セットプレーとはサッカーとは別な競技である」 2013.10.20

日本では馴染みのないフィオレンティーナのコーチ、ヴィオ・ジャンニ。彼はなんとセットプレーの専門家。ビオラを欧州でも一位のセットプレー得点数に押し上げたコーチの手腕とはいかに? カルチョの世界からの最先端理論を紹介する。

20131014_nagatomo

日本戦で引退した元インテル・スタンコビッチ。「これ以上ない敬意の印」と賞賛された長友との“お辞儀” 2013.10.14

11日のセルビア対日本の一戦が引退試合となったスタンコビッチ。偉大なる選手の足跡を今一度振り返る。また最後の試合では奇しくも盟友・長友佑都と同じピッチに立ち、お馴染みのお辞儀パフォーマンスも披露。この引退試合をイタリアはどう報じたのか?

インテルロゴ

【現地から最新情報】名門クラブがなぜ? 名物会長の去就は? インテル身売り交渉の真相 2013.10.02

長友佑都の所属するインテルに身売り報道が出たのは数日前。現地記者によるとこれは噂ではなく、実際に交渉中の話であるという。インテルといえば名物会長モラッティでも有名だが彼の去就はどうなるのか。そしてオファーしてきたインドネシア人実業家とは何者か?

新着記事

FChan TV

↑top