イルカイ・ギュンドアン

0104ManCity_getty

チェルシーの守備はなぜ崩壊した? マンCのインサイドハーフ5人起用という妙案【分析コラム】

プレミアリーグ第17節、チェルシー対マンチェスター・シティが現地時間3日に行われ、1-3でシティが勝利を収めた。新型コロナウイルスの影響で複数の主力選手を欠くシティは、ボール保持率で相手を下回りながらも、前半に3得点を奪ってビッグマッチを制している。(文:加藤健一)

ペップ・グアルディオラ

マンCはなぜ得点できない? ペップの答えは…。元マンU守護神に奪われた重要な“勝ち点2″【分析コラム】

現地15日にプレミアリーグ第13節が行われ、マンチェスター・シティはウェストブロムウィッチと1-1で引き分けた。前節のマンチェスター・ダービーに続くドローだが、意味するものは全く違う。山ほどチャンスを作りながら、シティはなぜ追加点を奪えなかったのか。そして勝ちきれない試合が多い現状を選手たちや監督はどう捉えているのだろうか。(文:舩木渉)

1210Germany6-10_getty

最高額のドイツ人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。ティモ・ヴェルナーは何億円?

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いドイツ人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月9日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1106ManCity_getty

マンチェスター・シティ最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。アグエロ&ジェズス離脱でグアルディオラが選んだCFの代役は?

プレミアリーグも7節を消化した(マンチェスター・シティは第1節を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、マンチェスター・シティの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

EnglandMF10

プレミアリーグ最高のMFは誰だ! サッカー選手MF能力値ランキング6位~10位。ビッグクラブを支える職人が勢揃い(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のMFは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

0807MCRM_getty

マンC対レアル、予想スタメン&プレビュー。セルヒオ・ラモス不在で逆転突破を果たすには…【欧州CLラウンド16】

いよいよ再開を迎えるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。まずはラウンド16の2ndレグから、今季最後のタイトルに向けた戦いが始まる。1stレグを2-1で勝利したマンチェスター・シティが本拠地にレアル・マドリードを迎える一戦はどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。

20200528_focus_getty

世界最高のボランチは誰だ! 守備的MF能力値ランキング11位~15位。注目を浴びる23歳の“ネクスト・ポグバ”とは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

0712mancity01

マンCの“最新版”戦術とは? あまりに強すぎた理由と驚異的だったチームと選手の進化【18/19シーズン総括(2)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティを振り返る。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top