ドニー・ファン・デ・ベーク

20210129_iseki_getty

20/21シーズン最高額移籍は誰だ? サッカー移籍金ランキング11~15位。リバプールの救世主だったはずの男とは…

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。今回フットボールチャンネル編集部は、20/21シーズンに高額な移籍金で移籍した選手をランキング形式で紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、成績は1月28日時点、金額は現在のレートで統一

1214Netherland6_10_getty

最高額のオランダ人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。強力エアバトラーが登場

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いオランダ人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月11日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、ブルーノ・フェルナンデスには脱帽した。一人で問題解決、45分間で残した驚異の数字【分析コラム】

プレミアリーグ第11節、ウェストハム対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間5日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利している。セットプレーから先制弾を許すなど前半はかなり苦戦したユナイテッドだったが、後半は姿が一変。やはりあの男は止められなかった。(文:小澤祐作)

1018ManchesterUnited_getty

マンUはまだいける。4発勝利の中で見えたブルーノ・フェルナンデス、ポグバ、ファン・デ・ベーク共存の可能性

プレミアリーグ第5節ニューカッスル・ユナイテッド対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は1-4でアウェイチームが勝利を収めた。今季1試合未消化のマンチェスター・ユナイテッドは、戦前の段階では3試合中1試合しか勝利を収めていない。そのためこの試合は敵地セントジェームスの一戦とはいえ、絶対に負けられない重要な一戦だった。さて、そんな大切なゲームで、どのように勝ち点3を手にしたのか。そしてチームとしての収穫はあったのだろうか。(文:内藤秀明)

20201015_manU_getty

マンU、人材は豪華だが総合力はD評価。スールシャールに変化なければカバーニらの補強も水の泡【欧州主要クラブ補強診断(3)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季プレミアリーグを3位で終えたマンチェスター・ユナイテッドの補強動向を読み解く。

20200924_manU_getty

マンチェスター・ユナイテッド期待の新戦力5人。心許ないDF陣に希望? 指揮官がデ・リフトと比較する18歳の逸材とは

後半戦に爆発的な追い上げをみせ、チャンピオンズリーグ出場権を掴んだ昨季のマンチェスター・ユナイテッド。その立役者となった主力選手はおおむね残留を果たしており、そこに今夏はドニー・ファン・デ・ベークといった実力者が加わった。目指すは、プレミアリーグ制覇になるだろう。今回は、そんなユナイテッドに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

20200919_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(10)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はハメス・ロドリゲス、ペルビス・エストゥピニャン、ガブリエウ・マガリャンイス、サンドロ・トナーリ、ドニー・ファン・デ・ベークの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top