ユルゲン・クロップ

リバプール

クロップも驚愕の6-4。なぜリバプールはゴールラッシュできなかったのか? WBA戦1-1の要因に迫る【分析コラム】

プレミアリーグ第15節、リバプール対ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)が現地時間27日に行われた。首位と19位の対戦となった一戦は1-1のドローという結果となった。試合開始早々の12分に先制点を決めながら、リバプールはなぜ勝ち点を落としたのか?(文:本田千尋)

リバプール

マネとサラーは驚異的に補完し合う。リバプールを背負う2人の異なる特徴とは?【クロップ流・偽ウイング(3)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第3回。(文:リー・スコット)

リバプール

マネとサラーはロッベンを超えた。リバプールのWGが得点を量産する理由とは?【クロップ流・偽ウイング(2)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第2回。(文:リー・スコット)

リバプール

「偽ウイング」とは何か? リバプールを最強にしたポジション。その重要な役割とは【クロップ流・偽ウイング(1)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第1回。(文:リー・スコット)

ユルゲン・クロップ

クロップはリバプールでどう変わった? 進化を知るための数値「PPDA」とは何か【クロップ戦術の進化・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、「ゲームメーカーとしてのプレッシング」を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

ユルゲン・クロップ

ゲーゲンプレッシングとは何なのか? リバプールで変貌するクロップ戦術を知るための前提とは…【クロップ戦術の進化・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、「ゲームメーカーとしてのプレッシング」を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

1220Minamino_Getty

南野拓実、初ゴールの価値とは?「笑顔」にクロップも安堵。過酷な戦い続くリバプールを助ける貴重な働き【分析コラム】

プレミアリーグ第14節、クリスタル・パレス対リバプールが現地時間19日に行われ、0-7でリバプールが大勝した。先発起用された南野拓実はプレミアリーグ初得点をマーク。リバプール加入が発表されてからちょうど1年という節目に大きな仕事を成し遂げた南野は、プレミア連覇へと突き進むチームに自身の価値を証明している。(文:本田千尋)

1217Liverpool_getty

リバプールがつけこんだトッテナムの弱点。モウリーニョの巧妙な采配に苦しんだが、決勝点を呼び込んだのは…【分析コラム】

プレミアリーグ第13節、リバプール対トッテナムが現地時間16日に行われ、2-1でリバプールが勝利した。勝ち点25で並ぶ両チームの対戦は白熱。ジョゼ・モウリーニョ監督は柔軟な采配でリバプールに対抗したが、トッテナムはあと一歩及ばず。試合終盤の得点で勝ち越したリバプールが首位攻防戦を制している。(文:加藤健一)

南野拓実

南野拓実は「リンクマン」として機能した。怪我人続出&過密日程で問われるリバプールの姿勢【分析コラム】

プレミアリーグ第12節、フラム対リバプールが現地時間13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。南野拓実は後半開始からピッチに立ったが、リバプールは同点に追いつくのがやっとだった。(文:本田千尋)

トレント・アレクサンダー=アーノルド

では、アレクサンダー=アーノルドが担う役割とは? リバプールが実現した独創的なスタイル【クロップ流SB起用法(3)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から発売に先駆けて一部抜粋して全3回で公開する。今回は第3回。(文:リー・スコット)

新着記事

↑top