日本代表は現地時間7日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。現在、勝ち点6でグループB 2位に付けているサウジアラビアのホームに乗り込む日本代表は、累積警告で伊東純也が欠場となるも、怪我で中国戦を欠場した南野拓実が復帰。厳しい戦いが予想される一戦に森保一監督はどのようなメンバーで臨むのか。サウジアラビア戦の予想スタメンとフォーメーションを紹介する(※情報は10月6日時点)。

GK

1007-権田
【写真:Getty Images】

権田修一(清水エスパルス)
生年月日:1989年3月3日
日本代表通算成績:24試合11失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表に長く名を連ねている川島永嗣、東京五輪でその実力を証明してみせた谷晃生と実力者が揃う中で、現在正GKに君臨するのが権田修一だ。この正守護神は、2013年のFIFAワールドカップブラジルに向けたアジア最終予選以来、8年ぶりのアジア最終予選に挑んでいる。

  先月行われたオマーン戦と中国戦に先発出場した権田は、オマーン戦で終了間際に失点したものの、中国戦は安定したパフォーマンスで相手をシャットアウト。危ない場面も全くなく、アジア最終予選初勝利に貢献した。7日に行われるアウェイでのサウジアラビア戦は、先月の2試合以上に厳しい試合展開が予想されるが、この男が日本代表のゴールを死守する。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top