スウェーデン代表

イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチ、伝説の名言5選。ズラタンこそが世界一!?なぜか心を掴む“王様”な言葉たち

ズラタンがヨーロッパに戻ってきた。ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となったズラタン・イブラヒモビッチが、今冬38歳にして古巣であるACミランに復帰。11日のカリアリ戦ですでに復帰後初ゴールを記録している。今回は、度々世間を騒がせながらもなぜか心を掴む、彼の数ある“王様”な発言の中から5つを紹介していく。

アメリカワールドカップ

94年アメリカW杯準々決勝。いま見ても胸が熱くなる、そんな一戦。振り上げた拳と雄叫びが呼んだ感動【私が見た平成の名勝負(13)】

各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう連載の第13回は、平成6(1994)年7月10日に行われたアメリカワールドカップ準々決勝・スウェーデン代表対ルーマニア代表。PK戦までもつれ込んだ一戦は、今思い出しても胸が熱くなる、そんな終幕となった。(文:小川由紀子)

新着記事

↑top