柴崎岳

守田英正

守田英正は「人と人をつなぐ」。日本代表初先発、三竿健斗&柴崎岳との共存で示した柔軟性

日本代表が4-0の快勝を収めた20日のキルギス戦で、守田英正がボランチとしては初めてA代表の先発メンバーに名を連ねた。試合中に相方が変わっても、落ち着きを保ち、常に的確なプレーで中盤に安定感をもたらしたプロ1年目の若者は、ピッチの上で自らの柔軟性を遺憾なく発揮した。(取材・文:河治良幸)

日本代表

キルギス戦、“サブ組”個々のアピールはあったが・・・やっぱりNMD、という試合【どこよりも早い採点】

11月20日、日本対キルギスの一戦が行われ4-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

山中亮輔

森保J、キルギスに4-0大勝で5戦無敗! 山中が初出場初得点。”主力”投入で空気一変

日本代表は20日、キリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦した。

181120_daihyo_getty

日本代表、若手に追い上げられるロシア16強戦士。アジア杯への最終試験、経験豊富な彼らがすべきこと

日本代表は20日、キルギス代表と対戦する。ベネズエラ戦からメンバーの入れ替えもあると思われるが、原口元気、柴崎岳、槙野智章、東口順昭は意地を見せたいところ。チーム全体に安心感を与えるようなプレーを見せられれば、アジアカップへの期待も高まる。(取材・文:元川悦子)

守田英正 三竿健斗

森保J、刺激しあう三竿健斗&守田英正が果たすべき役割。柴崎岳&遠藤航に続くボランチは?【キルギス戦プレビュー】

日本代表は20日、キルギス代表との国際親善試合に臨む。森保一監督が大幅なメンバー入れ替えを明言する中、アジアカップに向けてさらなる選手層の拡充が期待される。柴崎岳と遠藤航が鉄板コンビになりつつあるボランチは、来年1月に待ち受ける厳しい戦いを勝ち抜くうえで補強しなければならないポジション。そこで期待されるのは22歳の三竿健斗と23歳の守田英正の台頭だ。(取材・文:河治良幸)

柴崎岳 遠藤航

柴崎岳と遠藤航は森保Jの心臓になるか。役割を明確化しない同期コンビの発展性

日本代表は16日、ベネズエラ代表との国際親善試合に1-1で引き分けた。この試合では柴崎岳と遠藤航のボランチコンビがスムーズな連係で中盤をコントロール。それぞれ攻撃的、守備的と決めつけられがちだった同期のコンビが森保ジャパンの心臓になっていくかもしれない。(取材・文:河治良幸)

日本代表

ベネズエラ戦、ドロー決着も必要な“試練”。新世代GKのデビューは収穫【どこよりも早い採点】

11月16日、日本対ベネズエラの一戦が行われ1-1で引き分け。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

酒井宏樹

森保J、史上初の初陣から4連勝ならず。酒井宏樹が代表初ゴールもPK献上で1-1に

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でベネズエラ代表と対戦した。

柴崎岳

司令塔・柴崎岳、ベネズエラ戦で示すべき底力。異彩を放ち、日本をアジア王者へ導くか

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でベネズエラ代表と対戦する。森保一体制3連勝中の日本代表は、11月シリーズ初戦も勝利で終え、良い状態を保ちながらアジア杯へ挑みたいところである。その中で4年前のアジア杯、今年のロシアW杯に出場した柴崎岳には、底力を示さなければならない理由がある。(取材・文:元川悦子)

新着記事

FChan TV

↑top