ミケル・アルテタ

マルティン・ウーデゴール

アーセナル、ウーデゴールの輝きは「信じられない」。3-3は自作自演…劣勢を覆した立役者はノルウェーの希望【分析コラム】

プレミアリーグ第29節、ウェストハム対アーセナルが現地時間21日に行われ、3-3のドローに終わっている。過密日程による疲労のせいか、アーセナルは緩いゲームの入りをみせ、一気に3点を失った。しかし、その後3点を奪い勝ち点1を拾うことができている。立役者は、ノルウェーの希望だった。(文:本田千尋)

0315Odegaard_getty

ウーデゴールはなぜアーセナルで輝くのか? 「信じられない仕事量だ…」、アルテタ監督も称賛するその才能とは?【分析コラム】

プレミアリーグ第28節、アーセナル対トッテナムが現地時間14日に行われ、アーセナルが2-1で勝利した。ともにUEFAヨーロッパリーグから中2日という日程で行われたノースロンドンダービーで、マルティン・ウーデゴールはプレミアリーグ初得点をマーク。トップ下のポジションで躍動する理由を探る。(文:加藤健一)

0312Odegaard_getty

ウーデゴールは「特別なクオリティを持っている」。9試合目で初ゴール、アーセナルに何をもたらしたのか?【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグ、オリンピアコス対アーセナルが現地時間11日に行われ、1-3でアーセナルが勝利した。冬にレアル・マドリードから期限付き移籍しているマルティン・ウーデゴールは、この試合でアーセナルでの初ゴールを決めている。(文:加藤健一)

0301Arsenal_getty

アーセナルが「ズタズタにした左サイド」。なぜレスターに逆転勝利できたのか? アルテタ監督のえげつない作戦【分析コラム】

プレミアリーグ第26節、レスター・シティ対アーセナルが現地時間2月28日に行われ、1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。アーセナルは右サイドで起用されたニコラ・ペペが躍動。ミケル・アルテタ監督の狙いはどこにあったのだろうか。(文:本田千尋)

アーセナル

アーセナル、1年前の悪夢を払拭。因縁ある地でベンフィカ撃破、EL制覇にこだわる理由とは【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32・2ndレグが現地25日に行われ、アーセナルはベンフィカに3-2で勝利を収めた。2戦合計スコアは4-3となり、アーセナルがラウンド16への勝ち上がりを決めている。一時は2年連続ラウンド32敗退の危機に陥ったチームは、なぜ逆転までたどり着くことができたのだろうか。(文:舩木渉)

新着記事

↑top