ミケル・アルテタ

アーセナル

アーセナル、ニューカッスル戦は文句なし。オーバメヤンも久々爆発、追い風は確かに吹いている【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間18日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。ニューカッスルは前節から多くの変更を行っていたが、大失敗に終わった。一方のアーセナルはそんな相手の体たらくを見逃さず。エースにも久々に点が生まれるなど、申し分ない勝利を手に入れた。(文:小澤祐作)

0110SmithRowe_getty

アーセナル浮上の原動力は20歳の若者? アルテタ監督も認める“エジル2世候補”の重要性【分析コラム】

FAカップ3回戦、アーセナル対ニューカッスルが現地時間9日に行われ、2-0でアーセナルが勝利を収めた。試合は0-0のまま延長戦に突入したが、試合の途中から投入された主力選手が活躍。トップ下で輝きを放つ20歳のエミール・スミス=ロウは、アーセナル浮上の原動力となっている。(文:本田千尋)

ダビド・シルバ

アーセナルにそれこそダビド・シルバのような選手がいれば…。チームに欠ける重要な要素とは?【グアルディオラの弟子を超えて・後編】

アーセナルを特集した9/7発売『フットボール批評issue29』から、結城康平氏の“監督アルテタ”の思想を探った「グアルディオラの弟子を超えて」を、一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:結城康平)

ミケル・アルテタ

アーセナル、絶望からの復活はあるか? 監督・アルテタの思想に迫る【グアルディオラの弟子を超えて・前編】

アーセナルを特集した9/7発売『フットボール批評issue29』から、結城康平氏の“監督・アルテタ”の思想を探った「グアルディオラの弟子を超えて」を、一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:結城康平)

アーセナル

アーセナルが生まれ変わった。00年代生まれトリオが躍動、チェルシー撃破で見えた復調への道標【分析コラム】

プレミアリーグ第15節が現地26日に行われ、アーセナルはチェルシーとの「ビッグ・ロンドン・ダービー」を3-1で制した。降格圏すれすれの大不振に陥っていたアーセナルが見事なパフォーマンスで勝利を手にできたのは、チャンスを与えられた若手の躍動あってこそだ。明るい未来をつかむには起用法の大転換も必要かもしれない。(文:舩木渉)

アンチェロッティ アルテタ

アーセナルは危険水域、エバートンは安泰。アルテタvsアンチェロッティで露呈した両者の力量差【分析コラム】

プレミアリーグ第14節が現地19日に行われ、アーセナルはエバートンに1-2で敗れた。前者はこれでリーグ戦8敗目、7戦連続勝利なしに。一方で後者は3連勝で暫定ながら2位に浮上した。お互いに就任からちょうど1年を迎える両クラブの監督の力量差が、そのまま結果に表れているようだ。(文:舩木渉)

メスト・エジル

アーセナルはエジルにもう一度チャンスを。アルテタ監督の構想外も…逆襲への最後の切り札に?【分析コラム】

現地16日にプレミアリーグ第13節が行われ、アーセナルはサウサンプトンと1-1で引き分けた。3連敗は脱したものの、直近のリーグ戦5試合で3人目の退場者を出すなど、相変わらずアーセナルは不振を極める。もうすぐシーズンも折り返しで降格圏スレスレをさまよう名門に、状況を好転させる策はあるのだろうか。(文:舩木渉)

新着記事

↑top