ミケル・アルテタ

0929KloppArteta_getty

アーセナルはリバプールの新たなライバル? 拮抗した3度目の対決、勝敗を分けた決定的な差は…

プレミアリーグ第3節、リバプール対アーセナルが現地時間28日に行われ、3-1でリバプールが勝利した。リバプールは先制されるや否や、すぐさま逆転に成功。試合終盤には新加入のディオゴ・ジョッタにもゴールが生まれている。アーセナルは試合にこそ敗れたものの、リバプールと互角に渡り合えるポテンシャルを随所に見せている。(文:加藤健一)

20200923_arsenal_getty

アーセナル期待の新戦力5人。補強成功、アルテタ監督下で魅力的なチームへ

ミケル・アルテタ監督率いるアーセナルは今季、2016/17シーズン以来となるチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙う。その目標達成に向け、今夏ウィリアンやガブリエウ・マガリャンイスなどを補強。若手の台頭も著しく、魅力的なチームが完成しつつある。今回は、そんなアーセナルに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

アーセナル

アーセナルの希望の光となるのは…。辛勝で明確になったキーラン・ティアニーの重要性

プレミアリーグ第2節、アーセナル対ウェストハムが現地時間19日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。アーセナルは90分間で枠内シュート2本に終わったが、何とか白星を奪取。連勝スタートとなった。しかし、なぜウェストハムに苦戦を強いられたのか。(文:小澤祐作)

アーセナル

アーセナル、3発快勝の理由はどこに? 主役は新戦力ウィリアン、陰の立役者となった男とは

プレミアリーグ第1節、フラム対アーセナルが12日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。ウィリアンが全得点に絡み、ガブリエウ・マガリャンイスは得点をマークするなど、この日のアーセナルは新戦力の活躍が目立った。では、それを支えた陰の立役者は誰なのか。(文:小澤祐作)

0911Arsenal_Getty

アーセナル、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入の若手CBにいきなりチャンス? 平均24.4歳の新布陣は…

昨季のアーセナルはプレミアリーグで8位という順位に終わり、25年ぶりのとなるトップ6から陥落した。しかし、チェルシーを破ってFAカップで優勝、今季のコミュニティーシールドではリバプールをPK戦で下し、昨年12月に就任したミケル・アルテタ監督の下で復活の兆しを見せている。今回は、プレミアリーグ開幕を前に、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

アーセナル

アーセナルの希望の星になるのは? アルテタ指揮下で復活の兆し…屈辱の1年から新時代の幕開けへ【19/20シーズン総括(10)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はアーセナルの1年を振り返る。(文:編集部)

20200829_arsenal2_getty

アーセナルの獲得有力候補は? ターゲットのCBと決まれば奇跡のMFとは…【プレミアBIG6補強戦略(2)】

今夏は昨年までの移籍市場とは状況が違う。新型コロナウイルスの影響で、財政難に苦しむクラブが多く、売りたいチームが多い一方で、買い手側のクラブで資金が潤沢なのはごく一部。そのため多くの交渉が非常に難しい状況になっている。あるいは資金を準備できず、トレードでの移籍も増えそうな夏でもある。一方で補強の動きを止めれば、チームの新陳代謝が止まってしまう。各クラブ工夫を重ねて強化を成功させようとしている。そんな特別な夏におけるプレミアリーグBIG6の補強はどうなっていくのだろうか。今回はアーセナルを解説していく。(文:内藤秀明)

20200829_arsenal_getty

アーセナル、予想スタメン全選手紹介。新シーズンの幕開け、リバプールに立ち向かう若き戦士たちとは【コミュニティー・シールド】

昨季のプレミアリーグを制したリバプールとFAカップ王者のアーセナルは、現地時間29日に行われるFAコミュニティー・シールドで対戦する。20/21シーズンの開幕を告げる一戦はどのような試合になるのか。先発出場が予想されるアーセナルの11人を紹介する。

ミケル・アルテタ

アーセナル、アルテタ監督は気がつけば…。ベンゲル時代から何を変えたか? 武器となるのは“共通点”【ベンゲルVSアルテタ徹底比較・後編】

アーセナルを特集した9/7発売『フットボール批評issue29』から、戦術クラスタの最古参らいかーると氏がベンゲルとアルテタ両者が理想とする戦術の決定的違いに迫った『「爆発的なペース」が円環するアーセナルの戦術』を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:らいかーると)

アーセン・ヴェンゲル

アーセナル、ベンゲル時代の戦術とは? 衝撃だったポゼッション、バルセロナとの違いも比較【ベンゲルVSアルテタ徹底比較・前編】

アーセナルを特集した9/7発売『フットボール批評issue29』から、戦術クラスタの最古参らいかーると氏がベンゲルとアルテタ両者が理想とする戦術の決定的違いに迫った『「爆発的なペース」が円環するアーセナルの戦術』を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:らいかーると)

0802Arsenal_getty

「もっとも素晴らしい時間だった」。アーセナルは給水タイムで何を変えたのか? 的確だったアルテタの微修正

FAカップ決勝、アーセナル対チェルシーが現地時間1日に行われ、2-1で勝利したアーセナルが自らの記録を更新する14度目の優勝を果たした。アーセナルは先制を許したものの、クーリングブレイクを境に主導権を握り、見事な逆転勝利を収めている。わずかな時間でミケル・アルテタはどのような修正を施したのだろうか。(文:加藤健一)

新着記事

↑top