ミケル・アルテタ

アーセナル

アーセナルには誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 2列目の逸材たちがチームをけん引

2020/21シーズンのプレミアリーグも後半戦に突入している。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、アーセナルの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成、成績は2月24日時点)。

ブカヨ・サカ

アーセナルを救ったのは19歳。ベンフィカから殊勲の同点弾、芽生え始めた中心選手の自覚【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32・1stレグが現地18日に行われ、ベンフィカとアーセナルは1-1で引き分けた。先制を許したアーセナルを敗戦の危機から救い、貴重なアウェイゴールももたらしたのはブカヨ・サカだった。幅広いポジションをこなすマルチな19歳は試合ごとに評価を高めている。(文:舩木渉)

20210218_benficaarsenal_getty

ベンフィカ対アーセナル、予想スタメン&プレビュー。国内で低迷する両クラブはどう戦うべき?【ELラウンド32】

UEFAヨーロッパリーグは決勝ラウンドに突入する。現地時間18日に行われるベンフィカ対アーセナルはどのような試合になるだろうか。両クラブの現状や先発出場メンバーを占う。

0215Arsenal_getty

アーセナルが浮き彫りにしたビエルサの弱点。アルテタはどのようにリーズのマンツーマンを崩したのか?【分析コラム】

プレミアリーグ第24節、アーセナル対リーズ・ユナイテッドが現地時間14日に行われ、4-2でアーセナルが勝利した。マンツーマン・ディフェンスを軸にプレッシングサッカーを展開するマルセロ・ビエルサ監督のチームを、ミケル・アルテタ監督は有効な対策で打ち破っている。(文:本田千尋)

0207Arteta_getty

アーセナルはヴェンゲルとグアルディオラの混血? ミケル・アルテタが見せた興味深い「リアクション」【分析コラム】

プレミアリーグ第23節、アストン・ヴィラ対アーセナルが現地時間6日に行われ、1-0でアストン・ヴィラが勝利した。昨年末以降、好調を維持してきたアーセナルだが、アストン・ヴィラの固い守備を崩せず。この試合で見せたミケル・アルテタの采配は、かつての恩師・アーセン・ヴェンゲルと、マンチェスター・シティで仕えたペップ・グアルディオラのエッセンスを感じさせた。(文:本田千尋)

0203Arsenal_getty

アーセナルの擁護しようがないミスはどのように引き起こされたのか? 敗戦は退場となった2人だけの責任ではない【分析コラム】

プレミアリーグ第22節、ウォルバーハンプトン対アーセナルが現地時間2日に行われ、2-1でウルブズが勝利している。先制したアーセナルは前半終了間際にダビド・ルイスが一発退場に。さらに後半にはベルント・レノも退場処分を受け、優勢だった試合を自分たちの手で壊してしまった。敗戦の矢面に立たされたのは退場となった2人だが、チームとして問題はなかったのだろうか。(文:加藤健一)

0131BrunoFernandes_getty

アーセナル対マンUで何があったのか? ブルーノ・フェルナンデスが不調、マンUが陥る悪循環【分析コラム】

プレミアリーグ第21節、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間30日に行われ、0-0の引き分けに終わった。アーセナルはホームでリーグ戦の無敗を7試合に延ばしたが、ユナイテッドは5試合で4得点と得点力不足に悩まされている。加入以来チームを支え続けてきたブルーノ・フェルナンデスは不調に陥っている。(文:加藤健一)

0127Pepe_getty

アーセナル、背番号19はなぜ左サイドで輝いたのか? オーバメヤン不在のピンチを救ったサプライズ起用【分析コラム】

プレミアリーグ第20節、サウサンプトン対アーセナルが現地時間26日に行われ、1-3でアーセナルが勝利した。ピエール=エメリク・オーバメヤンを欠くアーセナルは速攻が炸裂。好調を維持するチームの中で新発見は、左サイドで起用されたニコラ・ペペだった。(文:加藤健一)

アーセナル

アーセナル、ニューカッスル戦は文句なし。オーバメヤンも久々爆発、追い風は確かに吹いている【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間18日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。ニューカッスルは前節から多くの変更を行っていたが、大失敗に終わった。一方のアーセナルはそんな相手の体たらくを見逃さず。エースにも久々に点が生まれるなど、申し分ない勝利を手に入れた。(文:小澤祐作)

0110SmithRowe_getty

アーセナル浮上の原動力は20歳の若者? アルテタ監督も認める“エジル2世候補”の重要性【分析コラム】

FAカップ3回戦、アーセナル対ニューカッスルが現地時間9日に行われ、2-0でアーセナルが勝利を収めた。試合は0-0のまま延長戦に突入したが、試合の途中から投入された主力選手が活躍。トップ下で輝きを放つ20歳のエミール・スミス=ロウは、アーセナル浮上の原動力となっている。(文:本田千尋)

新着記事

↑top