ミケル・アルテタ

0416Arsenal_getty

アーセナルはなぜ快勝できたのか? アルテタ監督のゲームプラン遂行に不可欠だったMFの万能性【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スラヴィア・プラハ対アーセナルが現地時間15日に行われ、0-4で快勝したアーセナルが準決勝進出を決めている。負傷者を多く抱える中で、ミケル・アルテタ監督は左サイドバックにグラニト・ジャカを起用。中盤を本職とする元主将のプレーは、アーセナルに安定感をもたらした。(文:加藤健一)

アーセナル

アーセナル、オーバメヤンの立場はますます怪しい? 野獣のような19歳FW躍動、アルテタ監督の判断は…【分析コラム】

プレミアリーグ第31節、シェフィールド・ユナイテッド対アーセナルが現地時間11日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。公式戦4試合未勝利だったアーセナルだが、ようやく良い形で白星を奪うことに成功。久々の先発出場となったガブリエル・マルティネッリも結果を残している。これにより、エースの立場はますます怪しくなるかもしれない。(文:小澤祐作)

0409Xhaka_getty

アーセナルはなぜ1点を守り切れなかったのか。最後に出た甘さ、ジャカを激怒させた小さなミスとは?【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ準々決勝1stレグ、アーセナル対スラヴィア・プラハが現地時間8日に行われ、1-1の引き分けに終わった。決定機を外し続けたアーセナルは86分にようやく先制。しかし、ダビド・ルイスやキーラン・ティアニーを欠く守備陣は、その1点を守り切ることができなかった。(文:加藤健一)

マルティン・ウーデゴール

アーセナル、ウーデゴールの輝きは「信じられない」。3-3は自作自演…劣勢を覆した立役者はノルウェーの希望【分析コラム】

プレミアリーグ第29節、ウェストハム対アーセナルが現地時間21日に行われ、3-3のドローに終わっている。過密日程による疲労のせいか、アーセナルは緩いゲームの入りをみせ、一気に3点を失った。しかし、その後3点を奪い勝ち点1を拾うことができている。立役者は、ノルウェーの希望だった。(文:本田千尋)

0315Odegaard_getty

ウーデゴールはなぜアーセナルで輝くのか? 「信じられない仕事量だ…」、アルテタ監督も称賛するその才能とは?【分析コラム】

プレミアリーグ第28節、アーセナル対トッテナムが現地時間14日に行われ、アーセナルが2-1で勝利した。ともにUEFAヨーロッパリーグから中2日という日程で行われたノースロンドンダービーで、マルティン・ウーデゴールはプレミアリーグ初得点をマーク。トップ下のポジションで躍動する理由を探る。(文:加藤健一)

新着記事

↑top