ミゲル・アンヘル・ロティーナ

ミゲル・アンヘル・ロティーナ

セレッソ・ロティーナ監督が語る日本サッカー「競争をもう少し学べば、一気に飛躍する」【インタビュー後編】

現在セレッソ大阪を率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、指導者として25年以上のキャリアを積み重ねてきた。その経験によって培われた指導哲学とはいかなるものなのだろうか。日本サッカーへの造詣の深さも垣間見られるインタビューをスペイン『パネンカ』誌のウェブ版から、許可を得て抄訳し掲載する。今回は後編。(取材・文:イバン・バルガス【パネンカ】、翻訳:江間慎一郎)

ミゲル・アンヘル・ロティーナ

セレッソ・ロティーナ監督の指導哲学「すべてを理解していると自惚れたら死んでいるも同然」【インタビュー前編】

現在セレッソ大阪を率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、指導者として25年以上のキャリアを積み重ねてきた。その経験によって培われた指導哲学とはいかなるものなのだろうか。日本サッカーへの造詣の深さも垣間見られるインタビューをスペイン『パネンカ』誌のウェブ版から、許可を得て抄訳し掲載する。今回は前編。(取材・文:イバン・バルガス【パネンカ】、翻訳:江間慎一郎)

仲川輝人

マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

横浜F・マリノスは今季3敗目を喫した。11日に行われたアウェイでのJ1第11節・セレッソ大阪戦は自信を掴みかけたチームにとって強烈な衝撃となる0-3の完敗。なぜこれほどまでに何もできず敗れたのか。そしてアタッキング・フットボールを貫くために進むべき道とは。(取材・文:舩木渉、データ提供:Wyscout)

舩木翔

C大阪の新たな希望、舩木翔。人生初の右サイドで躍動…J1デビューで見せつけた進化

セレッソ大阪に生え抜きの新たな希望が現れた。昨季まではU-23チームを主戦場にしていた舩木翔が、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督にトップチームへと引き上げられて急成長している。プロ3年目で果たしたJ1デビュー戦では、人生初のポジションも見事に務め上げた。(取材・文:舩木渉)

都倉賢

C大阪、主力大量流出で補強の評価は…。ロティーナ新体制で欧州基準のフットボール目指す【2019年Jリーグ補強診断】

2019年のJ1リーグがまもなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、スペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナを新監督に迎えて再出発を図るセレッソ大阪を取り上げる。

東京ヴェルディ

東京V、J1昇格を集大成にできるか。ロティーナが仕込んだ下剋上のための戦略【J1参入POプレビュー】

J1参入プレーオフ決定戦が8日、ヤマハスタジアムで行われる。東京ヴェルディはJ2の6位から上位クラブ2つを破って、11年ぶりJ1昇格にあと一歩のところまで来た。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が仕込んだ変幻自在のサッカーは、ジュビロ磐田をも上回るか。(取材・文:舩木渉)

ミゲル・アンヘル・ロティーナ

東京Vはプラン“崩壊”でも勝つ。10人で激闘を制したロティーナ式の真価、11年ぶりのJ1昇格へ

東京ヴェルディは25日、J1参入プレーオフの1回戦で大宮アルディージャを破った。退場者を出しながらも1-0で逃げ切ることができたのは、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が仕込んできたサッカーがチーム全体に浸透していたからこそ。11年ぶりのJ1昇格に向けて、自信を深めた激戦を振り返る。(取材・文:舩木渉)

今季から東京Vの指揮をとるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督

J1昇格PO目指す東京V。幾度もの危機を経て。ロティーナ監督の功績と数年来の積み重ね

11月19日に最終節を迎える明治安田生命J2リーグ。勝ち点67で6位につける東京ヴェルディは、おなじく勝ち点67の5位徳島ヴォルティスをホーム・味の素スタジアムに迎える。今季から指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の功績は大きいが、数年来積み重ねてきたものもこの成績に寄与していることは間違いない。勝利すればJ1昇格プレーオフ進出が決まる一戦。果たしてどのような結果が待っているだろうか。(取材・文:海江田哲朗)

今季から東京ヴェルディの指揮を執っているミゲル・アンヘル・ロティーナ監督

ヴェルディで起きている変革。スペインの智将・ロティーナ監督が選手に与える要求

スペインのラ・リーガで一時代を築いた智将、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督のもとで変貌を遂げつつある東京ヴェルディ。組織的な堅守をベースに、リスクを排除した戦いで上位に食らいつきながら突入した後半戦は、それまでの戦いから大きな変化が生じている。キャプテンのDF井林章の言葉をもとに、10年ぶりのJ1昇格を目指す、Jリーグ黎明期の盟主の現在地を紐解いた。(取材・文:藤江直人)

フアン・エスナイデルとミゲル・アンヘル・ロティーナとリカルド・ロドリゲス

【英国人の視点】変化するJ2。クラブの低迷を救えるか? スペインから来た3人の新監督に求められるもの

今季のJ2は大きな変化がもたらされる1年となりそうだ。多くのクラブで監督が入れ替わったが、スペインから来た新監督が就任するジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、徳島ヴォルティスには注目が集まる。彼らは、昨季低迷したクラブを救うことができるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

東京ヴェルディ

東京V、アカデミーは充実もJ3降格の危機に。来季はスペイン人指揮官の手腕に注目【2016年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを送ったのだろうか。今回は、18位でシーズンを終えた東京ヴェルディを振り返る。

新着記事

FChan TV

↑top