冨安健洋

南野拓実&大迫勇也

欧州各国リーグに挑む日本人選手結果まとめ。大迫、南野などがゴール、酒井はアシストで勝利に貢献【編集部フォーカス】

現地時間8月31日から9月2日にかけて欧州各国リーグが行われた。ビッグクラブの勝敗はもちろんこと、香川真司や長谷部誠、そして今季より海外へ新天地を移した遠藤航や植田直通など、日本人選手の活躍には国内からも大きな期待が寄せられている。今回フットボールチャンネル編集部では、週末に行われた欧州各国リーグで輝きを放った主なサムライたちを紹介する。

冨安 堂安 伊藤

新生日本代表の理想の姿とは? 前例なき強化策「東京五輪代表のA代表化」、成功のカギを握る3人

新生日本代表の招集メンバーが30日に発表された。森保一監督にとってA代表の指揮官として初めての試合に、東京五輪世代の3選手が初招集された。U-21代表との兼任監督として将来的な世代間の融合を掲げる中で、東京五輪世代の選手たちがより多くA代表入りを果たすために必要な条件とはいかなるものなのだろうか。(取材・文:舩木渉)

180502_miyazawa_ebi

新生日本代表23人を徹底分析「スター不在でどれだけやれるか」「一人で行ける『槍』が多い」【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第18回は、森保一監督体制でスタートする日本代表について。初陣に選出されたメンバーを宮澤氏はどのように見ているのか。(語り手:宮澤ミシェル)

180829_icatch_getty

日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち 【編集部フォーカス】

森保一監督体制による新生日本代表がいよいよ発足する。ロシアワールドカップではベスト16進出を果たしたが、世代交代が必要なのは間違いない。初陣となる9月のキリンチャレンジカップではどのようなメンバーが名を連ねるだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、A代表キャップのない選手の中から、日本代表に推薦したい10人をピックアップする。

乾&久保

欧州各国リーグに挑む日本人選手結果まとめ。乾に高評価、久保も新天地デビュー【編集部フォーカス】

現地時間24から26日にかけて欧州各国リーグが行われた。ビッグクラブの勝敗はもちろんこと、香川真司や長谷部誠、そして今季より海外へ新天地を移した遠藤航や植田直通など、日本人選手の活躍には国内からも大きな期待が寄せられている。今回フットボールチャンネル編集部では、週末に行われた欧州各国リーグで輝きを放った主なサムライたちを紹介する。

遠藤航

ベルギーリーグに挑む日本人選手、第4節結果まとめ。遠藤が早くも今季2点目、そしてもう一人【編集部フォーカス】

現地時間17日から19日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第4節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの4戦目はどのような結果となったのだろうか。

植田直通

ベルギーリーグに挑む日本人選手、第3節結果まとめ。植田が欧州デビュー、久保&森岡は出番なし【編集部フォーカス】

現地時間10日から12日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第3節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの3戦目はどのような結果となったのだろうか。

久保&遠藤

ベルギーリーグに挑む日本人選手、第2節結果まとめ。遠藤が鮮烈デビュー、久保は決定機逃す【編集部フォーカス】

現地時間3日から5日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第2節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの2戦目はどのような結果となったのだろうか。

20180730_mkt_getty

ベルギーリーグに挑む日本人選手、開幕節結果まとめ。計7人のうち最も輝いたのは…【編集部フォーカス】

現地時間27日にジュピラー・プロ・リーグが開幕した。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの開幕戦はどのような結果となったのだろうか。

新着記事

↑top