冨安健洋

20180704_japan_getty

日本代表が患う“頭痛”と拭えない不安。結果は残したが…世界に乗り遅れた世代交代の波【検証・西野J<4>/ロシアW杯】

 西野朗監督率いる日本代表は、ロシアワールドカップにおいて16強進出という結果は残した。しかし、ハリルホジッチ前監督が推し進めていた世代交代は直前の解任によって白紙に戻された。一方、今大会では20代前半の選手が数多く名を上げている。4年後に向けて新たな世代の台頭は望めるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

gen

カタールW杯へ提言したいスタメン案。4年後の日本代表イレブンをFチャン編集部が厳選 【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップにおいて、日本代表は下馬評を見事に覆しベスト16進出を果たした。今大会はベテランが力を発揮したが、今後は若手の台頭が求められる。今回フットボールチャンネル編集部では、4年後のカタール大会でスタメンに名を連ねることが期待される11人を選出した。

180708_daihyo_getty

カタールW杯での活躍に期待、25歳以下の若手10人。4年後の日本を支えるホープたち 【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップにおいて、日本代表は下馬評を見事に覆しベスト16進出を果たした。ベスト8に進むことはできなかったが、評価に値する戦いを見せたのは間違いない。とはいえ今大会のメンバーはベテランが多く、今後は世代交代も行われるだろう。今回フットボールチャンネル編集部では、4年後のカタール大会での活躍が期待される25歳以下の期待の若手10人をピックアップした。

シント・トロイデン

DMMも参入、外国資本から見たベルギーリーグの魅力。投資を惹きつける独自制度の存在

昨年11月、日本企業のDMMがベルギー1部のシント・トロイデンを買収することが話題になった。そして冬の移籍市場では、U-20日本代表でも活躍した19歳のDF冨安健洋が加入している。しかし、外国資本がベルギーリーグに参入するのはこれが初めてではない。多くのクラブに海外から投資が集まる理由とは。そして外国資本がベルギーリーグのどこに魅力を感じて投資しているのだろうか。(取材・文:中田徹)

20180105_ju22_getty

東京五輪まで2年半。将来のサムライブルーを背負うU-21世代の日本人選手10人【編集部フォーカス】

 2020年の東京五輪まで約2年半となった。自国開催の五輪で、ベスト4に進出したロンドン五輪以上の成績が期待される日本。この大会に出場する選手たちには、将来のA代表を背負うことも望まれる。そんな若きサムライたちの中で今後要注目の10人をピックアップした(1997年1月1日以降に生まれた選手が対象)。

171226_j2focusicatch_getty

2017年J2ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、年間通して活躍した11人【編集部フォーカス】

J1昇格プレーオフを名古屋グランパスが制し、2017シーズンの戦いが終わった明治安田生命J2リーグ。湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパスの3クラブがJ1昇格となったが、今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では2017シーズンのJ2ベストイレブンを選出した。

eyecatch_getty

【メンバー発表直前】ハリルに提言したい日本代表25選手をFチャン編集部が厳選!【編集部フォーカス】

ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦とサウジアラビア戦に挑む日本代表メンバーが8月24日に発表される。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、W杯出場権獲得に向けた決戦にどんなメンバーを選ぶのか。フットボールチャンネル編集部がこれまでの予選の戦いぶりや、最近の活躍を元に招集すべき選手たちを選出した。なお、ハリルホジッチ監督はベンチ入りできる23人よりも多く招集する傾向があるため、今回は25人の選手をピックアップしている。

eyecatch_getty

ハリルJに推薦したい5人。期待の新戦力候補たち。2017年8・9月シリーズ編【編集部フォーカス】

2018年ロシア・ワールドカップアジア最終予選を戦っている日本代表。8月31日にオーストラリア、9月5日にサウジアラビアとの試合を迎える。この2試合に臨む日本代表メンバーは8月24日に発表されるが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、直近の代表戦で招集されていない選手のなかから、日本代表に推薦したい5選手をピックアップする。

新着記事

↑top