植田直通

日本代表

日本代表の「融合」が本格化。東京五輪≒A代表。真の森保ジャパンは次なる段階へ【コパ・アメリカ】

東京五輪世代中心で臨んだ日本代表のコパ・アメリカ2019(南米選手権)での戦いは、グループリーグ敗退で終わった。しかし、何も成果がなかったわけではない。2つの代表の指揮を任されている森保一監督は、チーム作りを次なる段階へと進めていくだろう。前例のない挑戦が始まってから1年、そのプロセスを読み解くとサムライブルーの将来像が見えてきた。(取材・文:舩木渉【ブラジル】)

日本代表

コパ・アメリカ採点全3試合、平均トップは? 日本代表のベストパフォーマンスはあの選手【どこよりも早い採点】

フットボールチャンネルでは日本代表戦の際【どこよりも早い採点】を行っているが、今回は選手たちの平均採点を紹介する。対象はコパ・アメリカ2019(南米選手権)の3試合。この大会で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

0624japan_shibasaki01

柴崎岳が示した覚悟。「底力を発揮する」キーマンに求められる、エクアドル戦での結果【コパ・アメリカ】

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦。両チームともに、決勝トーナメント進出のためには勝利が必要となる。攻守のキーマンとなるボランチの柴崎岳は、覚悟を持ってこの一戦に臨む。(取材・文:元川悦子【ベロオリゾンテ】)

エクアドル代表

日本代表、エクアドル戦勝利のカギはどこに? 最も警戒すべき、“Wバレンシア”の存在【コパ・アメリカ】

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦する。勝てば無条件で決勝トーナメント進出を決めることができる森保ジャパンだが、それは相手のエクアドルも同じ。そのためこの一戦は激しい展開となることが予想される。その中で、日本代表が勝利するためのポイントはどこにあるのだろうか。(取材・文:河治良幸【ブラジル】)

0617chile01

日本代表、封じなければ惨敗も。サンチェス、ビダル、メデル…“チリ三大天”にどう挑むか【コパ・アメリカ】

日本代表は現地時間14日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ初戦となるチリ代表戦を迎える。大会連覇中のチリには、FWアレクシス・サンチェス、MFアルトゥーロ・ビダル、DFガリー・メデルと言う3人のリーダーがいる。2020年東京五輪世代を中心とした若き日本代表はどのように挑むべきか。(取材・文:河治良幸【サンパウロ】)

日本代表

日本代表はチリ代表をどう封じる? 植田直通、冨安健洋、板倉滉の3バックは世界に通じるか【コパ・アメリカ】

サッカー日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)の初戦となるチリ代表選を迎える。今大会は2020年東京五輪を目指すU-22世代の選手を中心に構成しており、フォーメーションも同世代のベースとなっている3-4-2-1となる可能性が高い。ワールドクラスの攻撃陣が揃うチリを相手に植田直通、冨安健洋、板倉滉の3バックはどのような戦いを見せるか。(取材・文:元川悦子【サンパウロ】)

20190614_copagkdf_getty

日本代表、コパ・アメリカ参戦メンバー23人はこれだ! 南米に挑む若きサムライたち【GK・DF編】

日本代表は14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカに参戦する。今回、サムライブルーのユニフォームをまとって戦うのは、来年の東京五輪世代の選手たちが中心となった。南米に挑む23人はどんな顔ぶれとなったのか。森保ジャパンに選ばれたメンバーを紹介する。今回はGK・DF編。

20190614_copamffw_getty

日本代表、コパ・アメリカ参戦メンバー23人はこれだ! 南米に挑む若きサムライたち【編集部フォーカス】

日本代表は14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカに参戦する。今回、サムライブルーのユニフォームをまとって戦うのは、来年の東京五輪世代の選手たちが中心となった。南米に挑む23人はどんな顔ぶれとなったのか。森保ジャパンに選ばれたメンバーを紹介する。

新着記事

FChan TV

↑top