小澤祐作

アタランタ

バレンシアが崩壊した理由とは? アタランタの攻撃力は「奇跡」を起こさせない【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、バレンシア対アタランタが現地時間10日に行われ、3-4でアウェイチームが勝利している。この結果、2戦合計スコアを4-8としたアタランタがクラブ史上初のベスト8入りを果たすことになった。メスタージャで無類の強さを誇るバレンシアに対し、大量得点を奪えた理由とは。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティが見せた違いとは? 終始相手を圧倒、アグエロ弾が突いた一瞬の隙【FA杯】

FAカップ5回戦、シェフィールド・ウェンズデイ対マンチェスター・シティが現地時間4日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。シュート数20本を放つなど終始相手を圧倒したシティ。1得点に終わったのは残念な結果であるが、ゴールシーンでは相手のわずかな綻びを的確に突く格好となった。(文:小澤祐作)

南野拓実

リバプール、南野拓実はフィルミーノを意識し過ぎている。失われる良さ、強豪で生き残るためには?【FA杯】

FAカップ5回戦、チェルシー対リバプールが現地時間3日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。日本代表FWの南野拓実はリバプール加入後初となる先発フル出場を果たしている。ただ、シュート数は0本に終わるなどパフォーマンスは大きく評価できるものではなかった。(文:小澤祐作)

カルロ・アンチェロッティ

エバートン対マンU、ATの幻ゴールは本当に「幻」なのか? オフサイド判定では厳しいその理由とは

プレミアリーグ第28節、エバートン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間1日に行われ、1-1のドローに終わっている。激しい攻防が繰り広げられた試合だが、両者勝ち点1ずつを分け合う形になった。その中で、後半ATに生まれたキャルバート=ルーウィンの幻のゴールは、本当に「幻」で良かったのか。(文:小澤祐作)

ブルーノ・フェルナンデス

マンUはまさに100点満点の出来。2ndレグで見せた別の顔、ブルーノ・フェルナンデスは“止められない”【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対クラブ・ブルージュが現地時間27日に行われ、5-0でホームチームが圧勝している。2戦合計スコア6-1でベスト16入りを決めたユナイテッドは、1-1ドローに終わった1stレグからまったく別の姿を見せた。100点満点に近い出来と言えるが、その中で躍動したのはまたもあの男であった。(文:小澤祐作)

20200226_CL_getty

バルセロナはなぜナポリに苦戦を強いられたのか。ドローに払った大きな代償、拭いきれなかった弱点とは?【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の1stレグ、ナポリ対バルセロナが現地時間25日に行われ、1-1のドローに終わっている。分厚い守備を展開してきたナポリに苦戦を強いられたバルセロナ。グリーズマンの得点でなんとか同点には追いついたが、2ndレグに向け不安を感じさせたのも事実だ。(文:小澤祐作)

ブルーノ・フェルナンデス

ブルーノ・フェルナンデスは「赤い悪魔の王様」。マンUの怖さを引き上げる、“人を動かす”能力とは?

プレミアリーグ第27節、マンチェスター・ユナイテッド対ワトフォードが現地時間23日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。前半はやや苦戦を強いられたユナイテッドだったが、90分間を終えてみれば3得点快勝。その中で躍動したのは冬に加入したブルーノ・フェルナンデスだった。(文:小澤祐作)

レアル・マドリー

“弱い時”に戻ってしまったレアル・マドリー。アザール離脱の逆風で浮き彫りとなる、懸念点

リーガ・エスパニョーラ第25節、レバンテ対レアル・マドリーが現地時間22日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。マドリーは重要な2試合を前に実力で劣る相手に敗れた。そして、この試合でアザールが再び負傷。今後にも影響が出てきそうだ。(文:小澤祐作)

20200221_manU_getty

マンU、あまりに酷すぎるリンガードとA・ペレイラ。売却路線は確定、無残な姿こそ今後の不安【欧州EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、クラブ・ブルージュ対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間20日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイとはいえ勝利を奪いたかったユナイテッドだが、終始テンポが上がらず、相手のミスを突いた1得点のみに終わった。そしてリンガードとA・ペレイラはこの日も散々な出来となっている。(文:小澤祐作)

アタランタ

アタランタ、衝撃な得点力の理由は? バレンシアを凌駕、その存在こそが武器となる男【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の1stレグ、アタランタ対バレンシアが現地時間19日に行われ、4-1でホームチームが勝利している。イタリア・セリエAでも屈指の攻撃力を誇るアタランタだが、それはこの欧州最高峰の舞台でも発揮された。その得点力を加速させたのはやはりあの男であった。(文:小澤祐作)

アトレティコ・マドリー

アトレティコが見せた真骨頂。リバプールを機能不全にした人物とは? リーグ戦の不調は「関係ない」【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の1stレグ、アトレティコ・マドリー対リバプールが現地時間18日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。今季プレミアリーグで無敗を維持するリバプールだが、この日は枠内シュート0本に終わった。アウェイチームを機能不全にした人物とは?(文:小澤祐作)

アンテ・レビッチ

イブラヒモビッチ加入により蘇るレビッチ。クロアチアの重戦車は、なぜミランの救世主になれたのか?

セリエA第24節、ミラン対トリノが現地時間17日に行われ、1-0でホームチームが勝利した。この日のヒーローとなったのはアンテ・レビッチ。これでリーグ戦では直近5試合で5得点と大爆発中だ。イブラヒモビッチ加入により蘇ったレビッチ。その理由とは。(文:小澤祐作)

レアル・マドリー

レアル・マドリー、終了間際の悲劇。後味悪いドローと浮き彫りになったアザールとベイルの明暗

リーガ・エスパニョーラ第24節、レアル・マドリー対セルタが現地時間16日に行われ、2-2のドロー決着となった。この日はエデン・アザールが戦列に復帰。久々の試合ながら高パフォーマンスを披露し、得点を生むキッカケにもなった。一方で不安なのがガレス・ベイル。両者の明暗がハッキリ分かれる試合となった。(文:小澤祐作)

バルセロナ

バルセロナは大丈夫? 好調ヘタフェに勝利も募る不安、限界を迎える日も近い理由とは?

リーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナ対ヘタフェが現地時間15日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。バルセロナはこれでリーグ3連勝。首位のレアル・マドリーにプレッシャーを与えることになった。しかし、内容は…(文:小澤祐作)

0214Ibrahimovic_Ronald_getty

イブラヒモビッチ対C・ロナウド。その軍配は? やはり別格の存在感、その一方で…【コッパ・イタリア】

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ミラン対ユベントスが現地時間13日に行われ、1-1のドローに終わっている。注目を集めたのは、やはりズラタン・イブラヒモビッチとクリスティアーノ・ロナウドの両エースだ。彼らのパフォーマンスはどうだったのか。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top