小澤祐作

マンチェスター・シティ

マンC、ダービーの主役に躍り出た二人の魔法使い。Wシルバがもたらした、無限大の可能性

現地時間11日に行われたプレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利した。これでシティは今季リーグ戦無敗を維持。この日、勝利の立役者となったのは間違いなく“Wシルバ”だ。(文:小澤祐作)

インテル

インテルを救い出した2人の「神」。バルサに圧倒されるも…伝わった勝利への執念

現地時間6日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグB組第4節、インテル対バルセロナの一戦は1-1のドローに終わっている。アウェイチームに圧倒されたインテルだったが、勝利への強い執念を見せ、バルセロナに勝ち点3を渡さず。チームを敗戦の危機から救い出した2人の神とは誰だ。(文:小澤祐作)

アーセナル

リバプールを“諦めさせた”アーセナル。ハイクオリティ見せるも、唯一崩せなかったあの男

現地時間3日、プレミアリーグ第11節、アーセナル対リバプールの一戦が行われ1-1のドローに終わっている。両者一切手を緩めなかった90分間はまさに「死闘」。とくにアーセナルの後半の凄まじい圧力は、もはやリバプールにとっては驚異的だった。しかし、それに屈指なかった男が、アウェイチームには存在した。(文:小澤祐作)

レアル・マドリー

レアルにとって最悪のクラシコ。バルセロナにすべてを支配された、白い巨人の無残な姿

現地時間28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節、バルセロナ対レアル・マドリーの一戦は5-1でホームチームが勝利した。エル・クラシコらしい激しいゲーム展開となったが、それと同時にレアルは無残な姿を晒してしまうことになってしまった。(文:小澤祐作)

ユベントス

もはや敵はいないのか? ユベントスがみせた圧倒ぶり、強さの秘訣に“名脇役”の存在あり

現地時間23日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグH組第3節、マンチェスター・ユナイテッド対ユベントスの一戦は1-0でアウェイチームが勝利した。この日はすべてにおいて赤い悪魔を圧倒したイタリア王者。もはや敵はいないのではないかと思わされるほどの圧倒ぶりであった。その強さの秘訣には、名脇役の存在があるのではないだろうか。(文:小澤祐作)

ミラノダービー

白熱のミラノダービーを彩ったイカルディ。明暗を分けた、敵エース・イグアインとの違いとは

現地時間21日に行われたセリエA第9節、インテル対ミランのミラノダービーは1-0でホームチームが勝利した。近年で一番の盛り上がりをみせた伝統の一戦は、一体どういった部分で明暗が分かれたのだろうか。そこには、両チームのエースの出来が関係しているかもしれない。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

チェルシーの完璧な「策」、それに屈しなかったマンU。90分間に詰められた濃密な内容

現地時間20日に行われたプレミアリーグ第9節、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は2-2のドローに終わっている。試合は荒れ模様のまま、終了のホイッスルを迎えることになったが、両者が繰り広げた90分間の中には、“濃い”内容があった。(文:小澤祐作)

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(後編)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、能力別に優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

Jリーガー能力別No.1プレーヤー

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(前編)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、能力別に優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

プレミアリーグ

リバプールとマンCが繰り広げた最高の首位攻防戦。0-0のスコアに隠された、ある理由

現地時間7日に行われたプレミアリーグ第8節、リバプール対マンチェスター・シティの一戦は0-0のスコアレスドローに終わっている。勝ち点19で並んでいた両者によって繰り広げられた首位攻防戦は、まさに最高レベルのフットボールだったと言っても過言ではない。得点は生まれなかったが、0-0のスコアはある理由を教えてくれたのではないだろうか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、大逆転勝利も克服されぬ課題。“45分間”の姿はまるで、弱小クラブ

現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッド対ニューカッスルの一戦は3-2でホームチームが勝利した。リーグ戦4勝目を挙げたマンチェスター・Uだが、前半45分間の出来は最悪であり、上位進出へ向けての課題は山積み。今後のチェルシーやユベントス戦へ向け、不安は募る。(文:小澤祐作)

ジョゼ・モウリーニョ

マンU、モウリーニョに近づく解任の足音。悪化するチーム状況、希望の光が見えぬ赤い悪魔

現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節、マンチェスター・ユナイテッド対バレンシアの一戦は0-0のドロー決着となった。この結果を受け、ホームチームは公式戦4戦未勝利という状況に追い込まれた。ジョゼ・モウリーニョ監督の解任は間違いなく近づいている。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

“不思議”だったプレミア頂上決戦。チェルシーとリバプール、入れ替わったそれぞれの強み

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第7節、チェルシー対リバプールの一戦は1-1の引き分けに終わっている。無敗同士の対決となった同試合では、お互いがお互いの長所を消そうと様々な工夫を加えてきた。それにより、なんとも珍しい光景が生まれたのである。(文:小澤祐作)

180924_aaron_getty

好調キープのアーセナル、“お得意”エバートンを完封。試合のキーマンとなったあの司令塔

現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節、アーセナル対エバートンの一戦は2-0でホームチームが勝利した。ここまでクリーンシートがなかったアーセナルは、ソクラティスを負傷で欠くというアクシデントに見舞われたが、守備陣の集中力は切れず、エバートンを完封。攻撃面ではあの男の存在が光った。(文:小澤祐作)

マルコ・アセンシオ

今季の主役は俺だ! アセンシオが放ち続ける輝き。驚異の22歳が、レアルを更なる高みへ

現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節、レアル・マドリー対エスパニョールの一戦は、1-0でホームチームが勝利した。この試合で決勝ゴールを挙げたのは期待の22歳、マルコ・アセンシオである。ここまで目立った活躍がなかったようにも思える同選手だが、実は陰ながら、3トップの中でも輝きを放ち続けていた。(文:小澤祐作)

新着記事

FChan TV

↑top