小澤祐作

マンチェスター・シティ

マンCは恐ろしいほど強かった。王者に相応しいその実力、プレミアリーグ連覇はクラブ最高の財産に

プレミアリーグ第38節、ブライトン対マンチェスター・シティの一戦が現地時間12日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。勝てばリーグ優勝が確定するシティであったが、まさかの先制点を献上するなど立ち上がりは苦しんだ。しかし、その苦境を乗り越えることができるのが王者。その後4得点を奪い、連覇を決めた。(文:小澤祐作)

ミラン

ミランが繋いだ希望。踏み出したいのは名門復活への第一歩、CL出場へ向けての課題は?

セリエA第36節、フィオレンティーナ対ミランの一戦が現地時間11日に行われ0-1でアウェイチームが勝利している。難しい敵地でのゲームで大きな勝ち点3を奪ったミラン。欧州最高峰の舞台への切符を掴み取るための希望がつながった形となったが、未だ拭えない課題はある。名門復活への第一歩を踏み出すためにも、残り2節でそうしたことを払拭したい。(文:小澤祐作)

アーセナル

アーセナルが誇る異次元2トップの脅威。EL制覇への武器、バレンシアを殺したそのクオリティ

ヨーロッパリーグ準決勝2ndレグ、バレンシア対アーセナルの一戦が現地時間9日に行われ、2-4でアウェイチームが勝利している。2戦合計スコアを7-3としたアーセナルはこれでEL決勝進出が確定。悲願のタイトル獲得へ、あと少しのところまできた。その原動力となったのは、一体誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

アヤックス

アヤックスが流した涙。運命を変えたトッテナムの采配…若きタレント集団に何が起きたのか

チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、アヤックス対トッテナムの一戦が現地時間8日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。アヤックスは後半ATまで2戦合計スコアで上回っていたものの、95分に失点を喫し、土壇場で決勝進出を逃す形になった。前半はほぼ完璧な内容の試合を見せていた同クラブに、一体なにが起きたのだろうか。(文:小澤祐作)

リバプール

リバプールが起こした衝撃的な奇跡。不可能を可能に変えた90分間、バルサとの違いはどこに?

チャンピオンズリーグ・準決勝2ndレグ、リバプール対バルセロナの一戦が現地時間7日に行われ、4-0でホームチームが勝利している。フィルミーノ、サラーが不在のなかで4得点を奪い、2戦合計スコアを4-3としたリバプールはこれで2季連続のCLファイナル進出が決まった。まさに奇跡だ。戦術面や個の能力などでは言い表せない試合となったが、明暗を分けたのはどこだったのだろうか。(文:小澤祐作)

アーセナル

不調のアーセナルを救ったトリオ。バレンシアに勝利…それでも残された課題と最大の問題点

ヨーロッパリーグ準決勝1stレグ、アーセナル対バレンシアの一戦が現地時間2日に行われ3-1でホームチームが勝利している。リーグ戦では3連敗中と不調だったアーセナルだったが、前線トリオの活躍もあり久々の勝利を奪い取った。それでも重くのしかかる課題と問題点とは。(文:小澤祐作)

リバプール

世界最高の戦い、ここにあり。リバプールはなぜ完敗を喫した? メッシだけではない貢献者

チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、バルセロナ対リバプールの一戦が現地時間1日に行われ3-0でホームチームが勝利している。この試合で大暴れしたのはやはりリオネル・メッシだった。異次元FK含む2ゴールでリバプールを粉砕。まさにワールドクラスの輝きを放った。そしてもう一人、アウェイチームにとって厄介だった男が存在する。(文:小澤祐作)

アヤックス

アヤックスが見せつけた実力。立役者は誰? トッテナムを苦しめた新鋭MFが意識したこと

チャンピオンズリーグ・準決勝1stレグ、トッテナム対アヤックスの一戦が現地時間4月30日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。1995/96シーズン以来となる決勝進出へ向け大きな一歩を踏み出したアヤックス。この試合で勝利の立役者となったのはあの新鋭MFだった。(文:小澤祐作)

チェルシー

チェルシーが勝てない理由。マンU戦で露呈した課題、改めて考えるべき1トップの人選

プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦が現地時間28日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイチームは1点を先に失うなど一時苦しい展開に持ち込まれたが、相手のミスも重なりなんとか同点に追いつくことができた。しかし、逆転するまでには至らず、勝ち点3を奪うことはできず。一体なぜ?(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

マンUの決壊を招いたたった1人の“サボり”。マンCが突き進む優勝街道、恐るべき質の高さ

プレミアリーグ第31節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティのマンチェスターダービーが現地時間24日に行われた。前半は守備面で優位に立っていたホームチームだったが、シティの圧倒的な質の高さに徐々に飲み込まれ、最終的には0-2の完敗を喫した。一方シティはこのまま優勝への街道をひた走るのだろうか。(文:小澤祐作)

リバプール

リバプールはまさに“勝てるチーム”。悲願のタイトル獲得へ、生命線となる中盤トリオの存在

プレミアリーグ第35節、カーディフ対リバプールの一戦が現地時間21日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。前半こそ苦戦を強いられたリバプールだったが、後半は自分たちの実力を証明し、2点を奪った。その中で存在感を際立たせたのが、あのトリオだった。(文:小澤祐作)

ナポリ

アーセナルに屈したナポリ。CL、ELで結果を残せない理由は? 欠如していた決定的なポイント

ヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグ、ナポリ対アーセナルの一戦が現地時間18日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。2戦合計0-3とされたナポリは、敗退が決定。この試合では計20本ものシュートを放ったが、無得点に終わった。ナポリはなぜ欧州主要大会で結果を残すことができないのか。アーセナル戦のなかに、決定的なポイントがあった。(文:小澤祐作)

リバプール

リバプールは「最強」そのものだった。ポルト粉砕の理由とは? 大勝呼び込んだ指揮官の決断

チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ポルト対リバプールの一戦が現地時間17日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利を収めている。リバプールはこの勝利により、2季連続でのCLベスト4進出を果たした。前半だけで15本ものシュートを浴びるなど苦戦を強いられた同チームだったが、なぜここまでの点差をつけて勝利することができたのだろうか。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシ

全てを覆したメッシ、魅せた珠玉のプレー。バルサがマンUに見せつけたクオリティの違い

チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦が現地時間16日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。この結果、2戦合計スコアを4-0としたバルセロナが準決勝進出を果たした。ユナイテッド相手に圧倒的なクオリティの違いを見せ、完勝を収めたホームチーム。主役に躍り出たのは、やはりあの男だった。(文:小澤祐作)

モハメド・サラー

リバプールの悲願達成へ、チェルシーの息の根を止めたのは…。希望もたらした圧巻のサラー

プレミアリーグ第34節、リバプール対チェルシーの一戦が現地時間14日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。リーグ制覇へ向けて最大の山場と言われていたチェルシー戦を完勝で乗り切ったリバプールは、悲願達成へ望みをつないだ形となった。チームに大きなものをもたらしたのは、やはりあの男だった。(文:小澤祐作)

新着記事

FChan TV

↑top