小澤祐作

ブラジル代表

ブラジル、圧巻の強さを支えた「二枚看板」。6試合1失点、なぜ堅守は成り立ったのか?【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)の決勝戦、ブラジル代表対ペルー代表が現地時間7日に行われた。ファイナルまで圧倒的な強さを誇ってきたブラジルは、このペルー戦でもその威力を発揮。3-1で勝利し、12年ぶり9回目となるコパ・アメリカ優勝を果たした。チームとして完璧だったが、その強さを支えたのは誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

アルゼンチン代表

アルゼンチンが見せつけられた力の差。ブラジルの圧倒的だった質、何が運命を分けたのか?【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・準決勝、ブラジル代表対アルゼンチン代表が現地時間2日に行われた。1993年大会以来の優勝を目指してこの一戦に挑んだアルゼンチンだったが、ブラジルの質に圧倒され、結果的に0-2の敗北を喫して3位決定戦に回ることになってしまった。試合の運命を分けたポイントは一体どこにあったのだろうか。(文:小澤祐作)

エベルトン

ブラジルに現れた新たな大器・エベルトンとは何者か。栄冠への切り札、その武器と恐ろしさとは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)でベスト4まで辿り着いたブラジル代表。12年ぶりの優勝へ向け勢いは十分だと言えるが、その強さを支えている選手がいる。FWエベルトンだ。グループリーグ初戦のボリビア戦で衝撃的なゴールを決め世界に名を轟かせた23歳は、現在のセレソンにおける新たな顔になりつつある。そんなエベルトン、一体何がすごいのだろうか。(文:小澤祐作)

アルゼンチン代表

アルゼンチン、完勝の理由。90分間で見られた狙い、宿敵・ブラジル戦へ向けての収穫とは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・準々決勝、アルゼンチン代表対ベネズエラ代表が現地時間28日に行われた。悲願の優勝を目指すアルゼンチンは、試合開始からテンション高く挑み、ベネズエラを攻略。2-0の完封勝利を収めた。その勝因はどこにあるのだろうか。そして、ブラジル戦へ向けての大きな収穫とは。(文:小澤祐作)

ベネズエラ代表

ベネズエラが突いたボリビアの弱点とは? 3得点は必然、感じさせるダークホースの気配【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグA組第3節、ボリビア代表対ベネズエラ代表が現地時間22日に行われた。試合はベネズエラが3-1で勝利。他会場の結果によって2大会連続の決勝トーナメント進出を果たす形となった。この日のベネズエラの勝因は、ボリビアの弱さを的確に突いたからだと言える。ではその弱点とはどこにあったのだろうか。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシ

メッシですら脅威ではない現在地…アルゼンチン代表の弱さと脆さ。失ったチームとしての姿【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグB組第2節、アルゼンチン代表対パラグアイ代表が現地時間19日に行われた。決勝トーナメント進出のため、勝ち点3獲得が必須だったアルゼンチンだったが、相手に先制ゴールを許すなど大苦戦を強いられる。メッシのPKでなんとかドローに持ち込んだものの、36年ぶりのGL敗退に近づいてしまった。今のチームはもはや、メッシですら脅威ではなくなりつつある。(文:小澤祐作)

ペルー代表

ボリビアが作りかけた勝利への道。それを撃破したペルーの威力。運命を変えた二人の存在とは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグA組第2節、ボリビア代表対ペルー代表が現地時間18日に行われた。ボリビアに先制されたことでペルーはかなりの苦戦を強いられる形となったが、結果的には3-1で勝利を収め、決勝トーナメント進出へ一歩前進することになった。その試合の中で、立役者となったのは誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

ウルグアイ代表

日本代表が突くべき、ウルグアイ代表の弱点はあるのか? 強さは本物だが…抱える“唯一”の緩さとは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第1節、ウルグアイ代表対エクアドル代表が現地時間16日に行われた。同大会の優勝候補筆頭ともいえるウルグアイは、試合開始からエンジン全開で挑み、4-0と圧勝。世界に改めてその強さを証明した。そんな強豪国と、日本代表はグループリーグ第2戦で激突する。ロシアW杯ベスト8に輝いたウルグアイにおけるストロングポイント、弱点は果たしてどこにあるのだろうか。(文:小澤祐作)

ペルー代表

拮抗の2弱対決も…ペルー代表に漂う“何かを起こす”予感。ベネズエラ代表戦で見せた脅威【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ(南米選手権)・グループリーグA組第1節、ベネズエラ代表対ペルー代表が現地時間15日に行われた。ペルーは随所で持ち味を発揮し、シュートも17本放つなどベネズエラを苦しませたが、判定にも泣き無得点で試合を終えた。しかし、何かを起こす雰囲気は十分に漂っていた。(文:小澤祐作)

ブラジル代表

ブラジル代表、大勝の要因は? 見せつけた王国の実力、立役者となった二人の戦士とは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグA第1節、ブラジル代表対ボリビア代表が現地時間14日に行われた。前半は無得点に終わるなど苦戦を強いられたブラジルだったが、後半は一気に3得点を奪うなど優勝候補の実力を存分に見せつけた。その中で、3-0大勝の立役者となったのは一体誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

トッテナム

CL決勝、トッテナム完敗の要因は…。鍵となった“2つの刃”、リバプールが体現した「攻撃は最大の防御」

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝、トッテナム対リバプールが現地時間1日に行われた。初優勝を狙い90分間奮闘した前者であったが、サラー、オリギのゴールに沈み勝利を挙げることができなかった。その中で脅威となったのは誰なのだろうか。(文:小澤祐作)

アーセナル

アーセナル、屈辱的大敗の理由。チェルシーにやられ放題となった45分間、沈黙した強力な武器

ヨーロッパリーグ決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われ、4-1で前者が勝利を収めている。来季のCL出場権獲得のため、是が非でも勝利が欲しかったアーセナルだが、ライバルクラブ相手に屈辱的な大敗を喫し、アゼルバイジャンの首都バクーで涙を流す結果となった。敗因は一体どこにあるのだろうか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

マンCは恐ろしいほど強かった。王者に相応しいその実力、プレミアリーグ連覇はクラブ最高の財産に

プレミアリーグ第38節、ブライトン対マンチェスター・シティの一戦が現地時間12日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。勝てばリーグ優勝が確定するシティであったが、まさかの先制点を献上するなど立ち上がりは苦しんだ。しかし、その苦境を乗り越えることができるのが王者。その後4得点を奪い、連覇を決めた。(文:小澤祐作)

ミラン

ミランが繋いだ希望。踏み出したいのは名門復活への第一歩、CL出場へ向けての課題は?

セリエA第36節、フィオレンティーナ対ミランの一戦が現地時間11日に行われ0-1でアウェイチームが勝利している。難しい敵地でのゲームで大きな勝ち点3を奪ったミラン。欧州最高峰の舞台への切符を掴み取るための希望がつながった形となったが、未だ拭えない課題はある。名門復活への第一歩を踏み出すためにも、残り2節でそうしたことを払拭したい。(文:小澤祐作)

アーセナル

アーセナルが誇る異次元2トップの脅威。EL制覇への武器、バレンシアを殺したそのクオリティ

ヨーロッパリーグ準決勝2ndレグ、バレンシア対アーセナルの一戦が現地時間9日に行われ、2-4でアウェイチームが勝利している。2戦合計スコアを7-3としたアーセナルはこれでEL決勝進出が確定。悲願のタイトル獲得へ、あと少しのところまできた。その原動力となったのは、一体誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

新着記事

FChan TV

↑top