小澤祐作

マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティはなぜ苦しんだのか。グアルディオラも認めた、最大の原因とは?

プレミアリーグ第23節、マンチェスター・シティ対クリスタル・パレスが現地時間18日に行われ、2-2のドローに終わっている。苦しみながらも終盤のアグエロによる2点で逆転に成功したシティ。しかし、89分にカウンターから失点を浴び、勝ち点2を落とした。どこに問題があったのだろうか。(文:小澤祐作)

ミラン

ミランに芽生えた新たな武器。イブラヒモビッチとレオンの2トップに見る、“進化”への期待

セリエA第19節、カリアリ対ミランが11日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。ミランがリーグ戦で白星を手にしたのは、実に4試合ぶりのこと。複数得点を挙げるなど、ポジティブな要素を多く残した。その中でイブラヒモビッチとレオンの2トップに、新たな可能性を見た。(文:小澤祐作)

ズラタン・イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチが感じさせた特大の可能性。希望なきミランに与える、名門復活への道

セリエA第18節、ミラン対サンプドリアが6日に行われ、0-0のスコアレスドローに終わっている。この試合で、ズラタン・イブラヒモビッチが55分からピッチに登場。スタジアムを大いに沸かすと、その直後からさすがの存在感を放った。王様がミランに与えた可能性とは。(文:小澤祐作)

久保建英

それでも孤立する久保建英。新システムも無駄…マジョルカが改善されぬ現状と課題とは

リーガ・エスパニョーラ第19節、グラナダ対マジョルカが5日に行われ1-0でホームチームが勝利している。MF久保建英は今季初のシャドーで先発。しかし、ドリブルなどで局面を打開しようとするシーンはあったが、味方のサポートも少なく、不完全燃焼に終わった。(文:小澤祐作)

フランク・ランパード

アーセナル対チェルシー、明暗を分けたランパードの勝負の一手。圧倒された前半をどう覆したのか

プレミアリーグ第20節、アーセナル対チェルシーが29日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。前半は圧倒されていたチェルシーであったが、後半に2点を奪って逆転。流れを変えたのは、フランク・ランパード監督の采配であった。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

マンC、浮き彫りとなった欠点。ウルブスの“力”に撃沈、加速するリバプール優勝への期待

プレミアリーグ第19節、ウォルバーハンプトン対マンチェスター・シティが現地時間27日に行われ、3-2でホームチームが勝利している。11分という早い時間帯にエデルソンを退場で欠いたシティは、ウルブスに対し防戦一方。耐えきることができなかった。その中で浮き彫りとなったのは、シティの守備力の低さだ。(文:小澤祐作)

ミケル・アルテタ

アーセナル、アルテタ監督の初陣はどうだったのか。用意した柔軟な策、差し込んだわずかな希望の光

プレミアリーグ第19節、ボーンマス対アーセナルが現地時間26日に行われ、1-1のドローに終わっている。アーセナルはこれで公式戦4戦未勝利という結果に。ただ、内容面を見る限りではポジティブな要素も多かった。ミケル・アルテタ監督が初陣で見せた采配やアイデアとは。(文:小澤祐作)

久保建英

久保建英はいつも孤軍奮闘。マジョルカに見られない成長の跡、“中心が中心”でありすぎる始末

リーガ・エスパニョーラ第18節、マジョルカ対セビージャが21日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。MF久保建英はリーグ戦7試合連続の先発入り。決定的なパスを3本も出すなど、躍動していた。しかし、得点は0。成長の見られないチームに足を引っ張られる結果になった。(文:小澤祐作)

バルセロナ

白熱のエル・クラシコはバルセロナの“完敗”。レアルを前に停滞、寸断されたゴールへの活路

リーガ・エスパニョーラ第10節の延期分、バルセロナ対レアル・マドリーが現地時間18日に行われ、0-0のスコアレスドローに終わっている。バルセロナのホームで開催ということになったが、内容はマドリーが圧倒する形になった。なぜバルセロナは苦戦を強いられたのか。(文:小澤祐作)

久保建英

久保建英は一体なぜ沈黙してしまったのか。タッチ数わずか22回、揃わなかった活きるための条件

リーガ・エスパニョーラ第17節、セルタ対マジョルカが15日に行われ2-2のドローに終わっている。日本代表MFの久保建英は6試合連続のスタメン出場。しかし、この日はタッチ数わずか22回に終わり、途中交代を命じられるなどインパクトを残すことができなかった。ここ最近はハイパフォーマンスを見せていた久保だが、なぜこの日は輝きを放つことができなかったのか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対AZ、互角だった戦いはなぜここまでの大差がついたのか。的中した采配、影の立役者は?【欧州EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグL組第6節、マンチェスター・ユナイテッド対AZが現地時間12日に行われ、4-0でホームチームが勝利を収めた。前半互角だった戦いは、後半に入り急速に動き始めた。その理由と影の立役者とは(文:小澤祐作)

インテル

インテル、屈辱的敗戦の原因は? “1.5軍”のバルセロナに力負け、そこに見られた実力の差【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグF組第6節、インテル対バルセロナが現地時間10日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利を収めている。インテルはこの結果を受けグループリーグ敗退。多くの決定機を作ったが、それを生かし切ることができなかった。2トップは強力だったが、課題はどこにあるのか。(文:小澤祐作)

久保建英

久保建英、強豪・バルセロナ相手にも残した爪痕。それでも…唯一欠けていたものとは?

リーガ・エスパニョーラ第16節、バルセロナ対マジョルカが現地時間7日に行われ、5-2でホームチームが勝利している。MF久保建英はこの日も先発フル出場。カンプ・ノウへの凱旋を果たした。しかし、久保は奮闘するものの、ここ数試合ほどのインパクトを残すことができなかった。18歳のMFにとって、何が足りなかったのか。(文:小澤祐作)

マーカス・ラッシュフォード

ほぼ完璧だったマンU。無双状態のラッシュフォード…だからこそ浮かぶ、今後の明確な課題

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムが現地時間4日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。ユナイテッドはこれがリーグ戦3試合ぶりの勝利。難敵を退けたわけだが、その中で大活躍を見せたのがエースのラッシュフォードであった。しかし、そこにユナイテッドの課題は隠されている。(文:小澤祐作)

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUはもう限界。ウィークポイントが存在し続ける始末、スールシャールの未来は暗い

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦9試合連続失点という屈辱。スールシャール監督の未来は暗い。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top