ロベルト・フィルミーノ

南野拓実

南野拓実と最強3トップの違いは? 理想の姿へ近づくために…強すぎるリバプールで進むべき道

現地24日にプレミアリーグ第31節が行われ、リバプールがクリスタル・パレスを4-0で一蹴した。いよいよ悲願のプレミアリーグ制覇に王手がかかり、早ければ25日にも戴冠が決まる。日本人選手として4人目のプレミア王者になろうとしている南野拓実は、今どのような立ち位置にいて、これからどんな道を進んでいくべきなのだろうか。(文:舩木渉)

0615brazil_getty

ブラジル代表メンバーを妄想! もしコパ・アメリカが開催されていたら…ネイマールは外すべき? いぶし銀のイケオジも健在

今年行われる予定だったコパ・アメリカ2020(南米選手権)は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。ネイマールやフィリッペ・コウチーニョ、カゼミーロといったタレントを擁するブラジル代表は連覇を目指してこの大会に臨むはずだった。そこで今回は、もしコパ・アメリカが今年行われていたら、ブラジル代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

20200430_focus_getty

世界最高のストライカーは誰だ! CF能力値ランキング1位~5位。トップに躍り出たのは…(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200402_focus_getty

世界のサッカー選手能力値ランキング6位~10位。2人の超新星が堂々ランクイン!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

南野拓実

リバプール、南野拓実はフィルミーノを意識し過ぎている。失われる良さ、強豪で生き残るためには?【FA杯】

FAカップ5回戦、チェルシー対リバプールが現地時間3日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。日本代表FWの南野拓実はリバプール加入後初となる先発フル出場を果たしている。ただ、シュート数は0本に終わるなどパフォーマンスは大きく評価できるものではなかった。(文:小澤祐作)

0303Liverpool

リバプール、クロップ体制歴代フォーメーション。5年間でどう変化した? 世界一のチームができるまで

今季のリバプールはプレミアリーグで首位を独走し、30シーズンぶりのリーグ優勝は時間の問題となっている。2015年10月に監督に就任したユルゲン・クロップはリバプールをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇へと導き、プレミアリーグで優勝できるチームへと育て上げた。今回フットボールチャンネルでは、クロップの監督就任から現在までの主要メンバーや基本システムを、シーズンごとに紹介する。

0216Mane_getty

リバプール、南野拓実のロールモデルは…。連勝ストップ最大の危機、最下位相手に攻撃陣が沈黙した理由

プレミアリーグ第26節、ノーリッジ対リバプールが現地時間15日に行われ、0-1でリバプールが勝利を収めた。リバプールは最下位相手に試合終盤まで得点が奪えなかったが、ケガから復帰したサディオ・マネが60分にピッチに入ると、78分に決勝のゴールを決めて連勝ストップの危機を救った。マネの投入によってどのような変化が起きたのだろうか。(文:加藤健一)

ロベルト・フィルミーノ

強すぎるぞリバプール! 4発でサウサンプトン粉砕、大勝への航路を拓いたフィルミーノの技術

プレミアリーグ第25節、リバプール対サウサンプトンが現地時間1日に行われ、4-0でホームチームが勝利している。前半は苦戦を強いられたリバプールだったが、後半は相手の運動量が落ちたこともあり大量4得点。3アシストを記録したロベルト・フィルミーノの存在は大きかった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top