西野朗

96miami02

「マイアミの奇跡」。歓喜と絶望の5日間が日本サッカー発展の架橋に【日本代表平成の激闘史(3)】

時代は平成から令和へ。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい平成に起きた名勝負を、各ライターに振り返ってもらう本企画。今回は平成8(1996)年7月に行われたアトランタ五輪での日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

190216_kagawa_getty

香川真司、周囲に信頼されてこそ生きる能力。トルコで手に入れた自分を表現できる環境

トルコ・スュペルリグ第22節が現地時間15日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュは敵地でマラティヤスポルと対戦し、2-1と勝利した。香川は62分から途中出場し、得点にも絡んだ。少しずつ出場時間を延ばしながらチームに貢献している。(文:青木務)

日本代表

日本代表監督に求めたい10の要件。今こそ見直すべき世界で勝つための将来設計【編集部フォーカス】

 ロシアワールドカップを終えて、日本代表の西野朗監督が退任する。そして後任もまもなく決まると見られていている。ここ4年間で3人の監督がサムライブルーの指揮を執ったが、次の4年間は一貫した方針のもとで継続した強化が望まれる。そこで次期日本代表監督に求められる要素にはどんなものがあるだろうか。数々の条件が考えられる中から、フットボールチャンネル編集部が10の要件を厳選した。

180502_miyazawa_ebi

日本代表新監督、最有力候補・森保一氏に拭えない不安。最高の適任者はJリーグにいる【宮澤ミシェルの独り言】

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第14回は、日本代表の新監督について。最有力候補とされる森保一氏の手腕に間違いはないが、不安な点もあるという。(語り手:宮澤ミシェル)

新着記事

FChan TV

↑top