編集部

世界の舞台を夢見た“少年”の軌跡―最も世界の頂点に近いフリースタイルフットボーラー・徳田耕太郎

世界の舞台を夢見た“少年”の軌跡―最も世界の頂点に近いフリースタイルフットボーラー・徳田耕太郎

 専用のサッカーボールを使い、その芸術性とパフォーマンス性を競うスポーツ“フリースタイル・フットボール”。2012年、この競技の世界大会で優勝したのは弱冠20歳の日本人プレイヤー・徳田耕太郎だった。そして今年9月、世界大会の日本初開催が決定した。舞台は東京・増上寺―。

 怪我を機に13歳でフリースタイル・フットボールに出会い、日々技を磨いて行った徳田。フリースタイル・フットボールの現在と、世界の舞台を夢見た“少年”の軌跡を追う―。

【松田浩の超分析】日本代表の守備はなぜ崩壊したのか? チームを変えられる可能性を秘めた本田のボランチ起用

2020年東京五輪。サッカー男子代表にオーバーエイジとして入って欲しい選手は?

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『2020年東京五輪。サッカー男子代表にオーバーエイジとして入って欲しい選手は?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

【新刊情報】今月発売のサッカー新刊情報

日本人として韓国代表で戦う理由

2013年7月、韓国代表初の韓国代表フィジカルコーチに就任した池田誠剛。ロンドン五輪では韓国五輪代表に帯同し、3位決定戦で日本代表と対戦した。彼がピッチ上で抱いた感情、その場で見てきたものとは何だったのか。池田誠剛の言葉とともに、関係者の証言をあわせて迫っていく。

20130902_soccer

宇宙人と遭遇!? 大橋裕之が描くシュルレアリスム的サッカー漫画「ザ・サッカー」とは?

『フットボールサミット』で連載中の漫画「ザ・サッカー」。サッカーを知らない漫画家・大橋裕之による、あまりに独特過ぎる世界観が描かれている。その魅力とは?

20130829_morishige

9月のグアテマラ戦・ガーナ戦で期待したい日本代表選手は?

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『9月のグアテマ ラ戦・ガーナ戦で期待したい日本代表選手は?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その4)

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その4)

中東諸国における帰化とはどのようなものか? アフリカやヨーロッパとも密接に関わる事情について、諸外国に精通するフリーライター・森本高史氏に話を聞いた。

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その3)

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その3)

中東諸国における帰化とはどのようなものか? アフリカやヨーロッパとも密接に関わる事情について、諸外国に精通するフリーライター・森本高史氏に話を聞いた。

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その2)

中東諸国における帰化とはどのようなものか? アフリカやヨーロッパとも密接に関わる事情について、諸外国に精通するフリーライター・森本高史氏に話を聞いた。

20130823_iraq

【特集:ボーダーレス化する世界】中東の帰化を巡る、札束と国籍(その1)

中東諸国における帰化とはどのようなものか? アフリカやヨーロッパとも密接に関わる事情について、諸外国に精通するフリーライター・森本高史氏に話を聞いた。

20130812_topi

酷暑でのサッカー 本当にやるべき?

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『酷暑でのサッカー 本当にやるべき?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

気分は代表選手!? 「日本一レベルの低いフットサル大会」を目指すビギワンが『裏コンフェデ杯』を開催【PHOTOレポート】

気分は代表選手!? 「日本一レベルの低いフットサル大会」を目指すビギワンが『裏コンフェデ杯』を開催【PHOTOレポート】

7月初旬、太陽の日差しが強く降り注ぐなか、もう一つのコンフェデレーションカップ、その名も『裏コンフェデ杯』。その二日目が虎ノ門にあるフットサルコート「mobcast フットサルスタジアム Supported by SFIDA」で開催された。

【新刊情報】今話題の「ファンクショナルトレーニング」本が発売

【新刊情報】今話題の「ファンクショナルトレーニング」本が発売

ベストセラー『へやトレ』(主婦の友社)の著者がお贈りする、誰でも簡単に出来る“最先端のトレーニング”を紹介。体に眠っていた潜在能力を引き出すことが出来る、話題の「ファンクショナルトレーニング」の書籍が発売になります。

西野朗が東アジア杯を総括「優勝は高く評価出来る。意義ある大会だったが、現段階で『当確』はいない」

西野朗が東アジア杯を総括「優勝は高く評価出来る。意義ある大会だったが、現段階で『当確』はいない」

東アジア杯を優勝で終えたザックジャパン。宿敵・韓国を破っての大会制覇をエキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が分析する。

20130729

東アジア杯で初優勝を果たした日本代表 今後も見たい選手は?

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『東アジア杯で初優勝を果たした日本代表 今後も見たい選手は?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

チームビルディング

【新刊情報】今月発売のサッカー新刊情報

カンゼンより、7月の新刊情報をお届けします。

新着記事

↑top