フレッジ

1208McTominay_getty

マンチェスター・ダービーを制したユナイテッドの「静」と「動」。明確化された守備タスクと炸裂したカウンター

プレミアリーグ第16節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドが現地7日に行われ、1-2でアウェイのユナイテッドが勝利を収めた。両者の威信をかけたマンチェスター・ダービーは、お互いのスタイルがぶつかり合う試合に。よりタスクが明確に発揮されたユナイテッドが、プレミアリーグ王者を玉砕した。(文:加藤健一)

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUはもう限界。ウィークポイントが存在し続ける始末、スールシャールの未来は暗い

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦9試合連続失点という屈辱。スールシャール監督の未来は暗い。(文:小澤祐作)

ガッカリ選手

開幕ガッカリ選手11人。日本人も多数…期待を裏切ってしまった悲しき名手たち【編集部フォーカス】

欧州各国リーグが開幕を迎え、約2ヶ月が経った。その中で、注目を浴びながら活躍できず、苦しんでいる選手が何人か存在する。今回フットボールチャンネルでは、シーズン開幕前に期待されながらも不振に陥っている選手を4大リーグから選出。日本人選手はまとめて紹介する。

マンチェスター・ユナイテッド

マンUに忍び寄るモウリーニョ政権崩壊の予兆? CB補強失敗と“3年目のジンクス”【欧州主要クラブ補強診断】

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。

新着記事

↑top