マウリツィオ・サッリ

190328_chelsea_getty

泣きっ面に蜂…チェルシーを襲う絶望の数々。しかし、復活の芽はある! 鍵は“ランパード”【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

チェルシーの未来は暗い。ピッチ上での苦戦のみならず、移籍市場でもペナルティーやらローン人数制限やらで頭を抱え、主力の移籍の噂も絶えない。それでも、補強禁止期間を有効活用すればリスタートの芽がないわけではない。その鍵を握るのが、あのレジェンド「フランク・ランパード」だ。(文:粕谷秀樹)

ジョルジーニョ

サッリ解任はまだ待つべき! チェルシーに復調の兆し、ジョルジーニョに芽生えた変化

プレミアリーグ第28節、チェルシー対トッテナムの一戦が現地時間27日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。この試合に敗れればサッリ監督の解任もあるのではないかという声も挙がっていたが、なんとか最悪の事態は免れたチェルシー。明らかに生まれ変わった同チームは、ここから調子を取り戻すかもしれない。(文:小澤祐作)

マウリツィオ・サッリ

チェルシーはまた愚行を繰り返すのか。監督解任を続ける諸悪の根源とは?【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

チェルシーにまたも監督解任論が噴出している。今季から指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督は、シーズン当初こそ期待感を持たれていたが、試合を重ねるごとに懐疑的な目が強まり、リーグカップ決勝では選手との軋轢も表面化した。またも1シーズン持たずに解任される可能性が報じられているが、この安定感が皆無とも言えるチームの最大の問題はどこにあるのか。(文:粕谷秀樹)

新着記事

FChan TV

↑top