新着コラムの記事一覧

香川真司

苦境の香川、CLレアル戦もベンチ濃厚。ドルト指揮官得意の“肩透かし”でサプライズの可能性あるが… 2016.09.27

現地27日夜、ホームにレアル・マドリーを迎えるボルシア・ドルトムント。CLの大一番と言える一戦だが、香川真司は厳しい状況だ。トゥヘル監督はこれまでいくつものサプライズを起こしてきた。可能性はなくはないが……。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

キ・ソンヨン ソン・フンミン

韓国最高の育成監督だった故イ・グァンジョン氏。ソン・フンミンやキ・ソンヨンらも発掘 2016.09.27

韓国で一人の監督が逝去した。日本ではあまり知られていないが、育成の専門家として実績のあるイ・グァンジョン氏だ。ソン・フンミンやキ・ソンヨンなど数多くの名手を育てた名将の死に、現地記者は深い悲しみのなかにいる。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

ユベントス戦ではCLデビューを果たせなかった清武だが、リヨン戦では出場機会があるだろうか

清武、リーガ2戦連続出番なし。ローテーションは必要なのか。CLリヨン戦が新たな試験に【現地記者の目】 2016.09.27

アウェイでのアスレティック・ビルバオ戦で、リーガエスパニョーラ開幕後初となる黒星を喫したセビージャ。日本代表MFの清武弘嗣はベティスとのダービーマッチにひき続き、出場機会を得られなかった。アルゼンチン指揮官、ホルヘ・サンパオリは試合ごとに大きく陣容を変えているが、そのようなローテーションは必要なのだろうか。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

U-16日本代表

“重鎮”原・西野両氏が見たU-16代表。監督への賛辞と選手への期待感「黄金世代彷彿」「久保は人と違う部分伸ばして」 2016.09.27

アジア選手権を勝ち抜き、見事U-17W杯の切符を手にしたU-16日本代表。日本サッカーの重鎮はどのようにこのチームを見たのか。森山監督を抜擢したJリーグ副理事長の原博実氏、JFA技術委員長の西野朗氏に話を聞いた。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

ドイツ代表不動の守護神、マヌエル・ノイアー

「正しいステップなら、3歩以内で止められる」。守護神大国ドイツのユーロGK分析 2016.09.27

ノイアーを筆頭に優秀なGKを数多く輩出しているドイツ。この国はいかにして守護神大国であり続けているのだろうか。毎年7月にドイツでは国際コーチ会議が開催されており、今年は「ユーロにおけるGK分析」の講義が行われた。GKに求められる4項目とともに、その講義内容を紹介する。(取材・文:中野吉之伴【ドイツ】)

プレミアリーグ

移籍総額463億円!16/17プレミアリーグ新加入ベストイレブン【編集部フォーカス】 2016.09.27

今夏の移籍市場でも主役はプレミアリーグだった。リーグ総額11億6500万ポンド(約1580億円)を費やし、各クラブが戦力の補強を図った。世界最高金額となる移籍金で復帰をした選手、所属したクラブで強烈なインパクトを残してきた選手、イングランド期待の若手DFなど多くの選手がプレミアリーグに参戦。多くの選手の中から移籍総額463億円の11人を紹介する。

本田

ミラン、指揮官のチーム作り進むも本田は出番なし…安定化図る守備組織と果敢なサイド攻撃 2016.09.26

ミランは現地時間25日、セリエA第6節でフィオレンティーナと対戦。アウェイで0-0のスコアレスドローに終わったが、苦手としていた相手に勝ち点1は悪くない結果と言えるだろう。今季から就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は攻守で布陣を入れ替えながら守備の安定化とサイドを中心とした攻撃によるチーム作りを進めており、その基本戦術も固まりつつある。一方で、この試合も出場機会のなかった本田圭佑は忍耐が続きそうだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

best11_r30_fch

J1 2nd第13節ベスト11発表! 川崎Fから劇的勝利の立役者・小林悠ら2人を選出 2016.09.26

フットボールチャンネル編集部では毎節明治安田生命J1リーグのベストイレブンを選定しています。

U-16日本代表

久保ら攻撃陣だけでない、U-16代表の特筆すべき守備力。瀬古と菅原が示したタフさと闘志 2016.09.26

UAEを下し、来年のU-17W杯出場権を獲得した日本代表。グループステージは攻撃陣の爆発が注目されたが、この試合は1-0と苦しい展開。相手の厳しい攻撃をはねのけたには守備陣の奮闘があったからこそだった。振り返れば、4試合で日本は無失点。久保ら攻撃陣に注目が集まったチームではなるが、W杯を得た要因は守備陣にもあるのは間違いない。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

本田圭佑

「本田はチームに入っている」。指揮官は明言も…先発落ちを意味するイタリアサッカーの“不文律” 2016.09.25

ミランは現地時間25日、セリエA第6節でフィオレンティーナとアウェイで対戦する。本田圭佑は前節のラツィオ戦の終盤に途中出場し、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も本田について「チームに入っている」と明言したものの、イタリアサッカー界に存在する“不文律”によって今節もやはりベンチスタートとなりそうだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top